11月5日、樽前山、風不死岳と紋別岳-その2-

数日前、ワークショップで防風防寒ズボンなるものを2480円で買った。
裏にフリース地を使った物で、これからの時期山で使えるなら超お買い得品だと思った。
家内が前夜、ミシンで裾上げと両サイドのポケットにホックを取り付けてくれ、それで樽前山・風不死岳デビューとなったのだが、皮肉にも晴天で風もなかったため、どれほど低温や風に強いものやら試すことが出来なかった。

むしろ、下半身まで汗をかいたものだから、ただでさえ細身に作られているズボンのフリース地が濡れて太ももにまとわりつき、思惑が外れてしまった。
このズボンは、材質から耐風性はありそうだが、もっと低温時に使うか汗をかかない歩き方をしなくてはならないと思った。

前置きが長くなったが、
樽前山の駐車場をスタートして10分ほどで単独登山者に追いつき、小学生の子供が二人いるというそのお母さんと風不死岳まで一緒することになった。
歩きが遅いからと恐縮していたが、樽前山の東山ピークを経由し2時間半かからず風不死岳に初登頂は、どうしてなかなか立派なものだと思う。

なお、樽前錦岡線のゲートが11月22日11時に閉じられる様なので、樽前山や風不死岳の登山を考えている読者は前日までに登る事をお勧めします。
* 降雪によってはその前に閉鎖されることがあるかも。
f0138096_17441619.jpg

7合目駐車場周辺の紅葉はすっかり落葉していた。支笏湖と中央にイチャンコッペ山
f0138096_1744377.jpg

樽前山の中腹から、真っ白な芦別岳(中央)と夕張岳(右)
f0138096_17444775.jpg

樽前山東山ピークの直下から、溶岩ドームの右に羊蹄山
f0138096_17445642.jpg

羊蹄山をアップで
f0138096_17452437.jpg

鎖場をすんなり登る身軽なかよさん
f0138096_17461115.jpg

岩場で休憩中の山ガール二人。気さくにポーズをとってくれた。風不死岳は初めてとのことでかよさんのすぐ後をついてきた
f0138096_17462399.jpg

バックに樽前山
f0138096_17463272.jpg

風不死岳頂上から、支笏湖と正面に恵庭岳
f0138096_17464168.jpg

風不死岳から羊蹄山。右端に真っ白な喜茂別岳や無意根山などが見える
f0138096_1746509.jpg

下山時風不死岳の偽ピークで。登ってきた大学3年生の3人パーティと合同記念写真
f0138096_1747253.jpg

それぞれのカメラやスマホで写真を撮り、その後若者達はFacebookの情報交換等で楽しそうにやりとりしていた。私はここから単独行動で紋別岳登山口へ急ぐ。カメラはオリンパスOM-D
by tarumae-yama | 2012-11-07 07:49 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月5日、樽前山、風不死岳... 11月5日、樽前山、風不死岳と... >>