7月18日、利尻山ポン山登山

利尻山は何度も登っており、樽前山と同じくらい大好きな山だ。
前回登ってから5年も経ち、この観光旅行を利用し密かに登ろうかと考えていた。
だがしかし、御来光登山なら朝食前にペンションに戻れる自信はあったものの、もし何かあれば皆に迷惑をかけるため、今回はやむなく自粛。

幸か不幸か、早朝の3時半頃、ギャ~ギャ~というカラスの大きな鳴き声で目が覚め、その後はまるで眠ることが出来ず、ならばポン山まで登ってみようと。

単身赴任中に竹の子採りなどで何度も登ったことがあるポン山は勝手を知る山。
熊は棲んでいないから不安は全くない。
ペンションの自販機で買ったドリンク2本とカメラだけという軽装で3時45分に出発。

高山植物展示園で件のカラスの家族が私を威嚇するように鳴いている横をすり抜け、30分ほどで利尻山の登山口であるキャンプ場に到着。
すでに10名ほどのパーティが歩き出したところだったが、民宿の車で送られてくる登山者も到着して、早朝なのにそこそこに賑やか。さすが最北の日本100名山。

日本名水100選の「甘露泉」まで7,8分。そのすぐ上にある東屋は平成5年大阪のKさんご夫妻と初めて挨拶を交わした思い出の場所だ。

東屋のすぐ先が利尻山とポン山・姫沼への分岐。後ろ髪を引かれるようにポン山への道を進み、12,3分でポン山の頂上。
(利尻山まで登る)時間のないときは、ここから飽くことなく頂上部を眺めていた事を思い出す。

そんな想いに30分ほど浸ってから6時半過ぎペンションに戻った。
f0138096_1325412.jpg

テントサイトやバンガローがあるキャンプ場。ここが鴛泊コースの登山口
f0138096_13251548.jpg

キャンプ場にある利尻山の案内標識。標準タイムは往復で10時間とあるが、体力のある若者なら2時間半ほどで頂上に立てるかも
f0138096_13252755.jpg

登山口から500mほど先にある甘露泉水。下山時に飲むこの水は冷たくてとても美味しく感じる
f0138096_13253855.jpg

ポン山と姫沼への分岐標識。姫沼へはかなりの山道だから登山装備が必要
f0138096_13254721.jpg

登っている最中に稚内の方向から太陽が昇ってきた
f0138096_1326098.jpg

ポン山の頂上から、昔勤務していた利尻空港(今は新しい建物になっている)と奥に雲の上から礼文岳の頂上部が見える
f0138096_13261065.jpg

同上、利尻富士町の市街が見える
f0138096_13261989.jpg

頂上に咲くイワキキョウ。白花も咲いていた
f0138096_13263260.jpg

イワキキョウとバックに利尻山
f0138096_13264529.jpg

ポン山中腹からの利尻山を少しアップで
f0138096_13265546.jpg

ポン山からの下山時、利尻山に向かう埼玉からの女性を撮らせて頂く。頂上からの眺望と花に感激したことと思う
f0138096_1327750.jpg

高山植物展示園に咲くコマクサを。 全て7月18日撮影
by tarumae-yama | 2012-07-24 13:47 | 登山 | Comments(6)
Commented by motti at 2012-07-24 20:48 x
わ~い!登山記事だ!(笑)
離島の山って、独特の進化を遂げている動植物が多いイメージで楽しそうですね。
Commented by yo-shi2005 at 2012-07-24 22:04
やはり大勢でツアーとなると、時間を気にしないと、迷惑をかけることになるますから、勝手なことが出来ないのが辛いですね。
私も滝の含まれるツアーがありますが、以前参加したとき、トップを歩いていて、滝の前で写真を撮っていたらビリになって置いていかれそうになって、それから、滝専門のツアーでなければ滝にはツアーでは行かないことにしています。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-25 12:10
mottiさん
やはり登山記事に興味がありますか?
利尻・礼文には熊がいないのでぜひ利尻山と礼文岳にも登ってみて下さい。
最盛期なら花も豪勢です。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-25 12:17
ヨシさん
単独行動なら臨機応変に行動できますが、今回は何しろ4家族のガイド役でしたから自粛しました。

猛暑が続きますが、滝見で少しでも涼しく過ごすことが出来れば良いですね。
Commented by スズ at 2012-07-25 12:25 x
スズです。こんにちは。
登山口のキャンプ場、結構広そうですね。
自転車で渡って、ここにテント張って利尻山に登ろうかと思って
地図広げた記憶があります。実行してませんが(^^;。

ポン山からの鳥瞰風景もいいですね。
こういう風景は島独特です。
天売・焼尻に行ったときを思い出しました。
ああ行きたいなぁ...でも遠いねぇ。

コマクサの群落殆ど白色ですね。なんか珍しい。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-26 09:47
スズさん
自転車ならフェリー料金もさほど負担と感じないかも知れませんね。
島を一周してゆっくり観光する楽しみもあり、良いアイデアかも知れません。
ただ、風が強いから向かい風の時はしんどいかも。
(電動アシスト自転車をお薦めします。)

昔、利尻山の頂上でお話しをした人は、ぐるり海が見える山はそうないらしく、とても気に入ったと言ってました。
宮之浦岳とはまた印象が違いますね。

高山植物展示園でこの白いコマクサの群生を見たときは、ちょっと感激しました。
リシリヒナゲシもですが。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月21日、樽前山の花など 利尻・礼文の旅-利尻島編- >>