7月11日、定山渓天狗岳

ブログ開設前に登った「山と渓谷社」選定の「北海道100名山」を、もう一度登ろうと決めてから、無意根山に続き14年ぶりの定山渓天狗岳(定天)に登った。

この山は、ゲートからの林道歩き、沢沿いの登山道を何度もの渡渉と小滝の高巻き、滑りやすい粘土質の部分、頂上直下のルンゼのロープ場、その上樹木に覆われた沢地形のため眺望がない等々から、一度登った後は全く足が向かなかった(まあ、よく言えば中級者向けの変化に富んだ山だが)。

今回登ってみて、特に下りでは足下に絶えず神経を集中していなくてならず、とても周りの景色を楽しむどころではなかった、と改めて感じた。

やはり私にとって定天は、(特異な山容だから)眺める山であって、ブログにアップした今は、率直に言って、山友から声がかかれば別だが、もう登りたいとは思わない。

山行記録
駐車場08:25→登山口08:50→頂上10:37~10:55(昼食)→登山口12:19→駐車場12:46
休憩を含め登りに2時間12分、下りに1時間51分
f0138096_1262321.jpg

特異な山容の定山渓天狗岳
f0138096_1263344.jpg

林道のゲートを越えて歩き出した直後、なぜかメーカーの違うスキーの板が
f0138096_1264394.jpg

林道を25分ほど歩いて、ここから登山道へ
f0138096_1265550.jpg

小滝の高巻き場
f0138096_127996.jpg

頂上直下から
f0138096_1272316.jpg

ルンゼのロープ場
f0138096_1273935.jpg

正面に余市岳
f0138096_1275281.jpg

頂上直下から
f0138096_1281197.jpg

定山渓天狗岳の頂上、右端に手稲山
f0138096_1282258.jpg

無意根山と正面に霞んでいるが羊蹄山
f0138096_1283251.jpg

余市岳
f0138096_128449.jpg

頂上からさっぽろ湖
f0138096_1285514.jpg

ロープ場を登りきったところで77歳の男性を。日高の山を沢中心に登山歴50年以上という大ベテランさん
f0138096_129738.jpg

写真を撮らせて頂いたのだが、その写真を送って欲しいと手帳に住所を書いているTさん。夜、早速プリントして翌朝郵送した
f0138096_1292089.jpg

下山中にお話しをしたKさん。アウトドア製品で有名なモンベルで働いているそうだ。何れも7月11日、リコーGX200で撮影
by tarumae-yama | 2012-07-12 12:41 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by yah-_-yah at 2012-07-12 15:01
定天に登られたんですか~!

ちょっと前の道新にsakagさんの記事で紹介されてましたよね。
それで興味持ったのですが、案外登るのキツそうですよね。
高度感もかなりあるとか、、、

僕もどちらかと言えば花と景色を楽しみながらのんびり登る方がいいです。
紅葉の時期なら小天狗くらいなら登ってみてもいいかな?
でもやっぱ同じ1日潰れるなら別の山に行っちゃいますかね~。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-12 23:32
yahさん
一応北海道100名山に選定されているので、再度の挑戦でした。
恵庭岳と同じレベルの中級判定の山ですが、多少定天の方がきついかも知れません。
足下が滑りやすく不安定なので、花を探す余裕はありませんでした。
それに花のピークは過ぎている感じでした。
それでもフウロウやナデシコなどを見ました。
明日、アップします。

小天狗はyahさんには物足りないかも知れません。
近くの山をもう一つ二つセットで登られたら良いかも、です。
Commented by nak_nob at 2012-07-13 08:27
定天といえば、昨年今時期に登って下山中、頭から1回転する転倒して肋軟骨骨折したのはいい(?)思い出・・・
おかげでそれ以来下山時にはかなり気を遣うようになりました(^^;
そんなわけで、なんとなく私も再度行きたいと思わない山です。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-13 11:32
nak_nobさん
定天でそんな痛い思いをしたことがあるのですね。
実は、私も濡れた岩場でひょっとしたらスリップするかもと思いつつ、足をのせたとたん転倒してました。
一人だとケガが何よりも恐いですね。

定天で昇天したくないですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月11日、八剣山 7月11日、定山渓天狗岳と八剣山 >>