6月29日、無意根山-その2-

3月に支笏湖の外輪山を一周するという目標を達成した後、次は「北海道100名山」をもう1度やってみようかと考えている。
ただ、北海道新聞社の選定した「北海道100名山」は、登山道がなかったり私の足では2泊3日を要するような大変厳しい山が幾つも含まれているため、山と渓谷社が選定した「北海道100名山」とし、なおかつブログを始めた5年前より以前に登った山だけにしようと思う。(それでも49山残っている)
なにしろ、あと何年元気に山を続けていられるか先の見えない身なのだから。

前書きが長くなったが、無意根山は8年前に大阪の知人ご夫婦と元山コースから登っているが、今回の薄別コースで登ったのは14年も前の事。
当時も長い林道(私のGPSでは5.2km)歩きでいい加減疲れた記憶がある。
その後、一時期ゲートが開放されたのだが、今また閉められている。

今回は、夜に予定が入っていたため時間を短縮する意味でマウンテンバイクを車に積み込んで自宅を出た。

ゲート前の駐車場に車を止め、マウンテンバイクを漕ぎだしたものの、宝来小屋まで半分以上は押して登った。
小屋の横に自転車をデポし登山者名簿に記帳、今日は私が一番乗り。
ガイドブックよりやや速いペースだったが、無意根尻小屋の先から竹の子が目につき、それを採りながら登ったものだから、頂上到着はガイドブックと殆ど同じタイムであった。

この日の札幌は真夏日同然の暑さとなり、給水には気をつけたつもりだったが、それでも水分不足だったようで頂上で目眩がし、しばし横になった。

コンビニのおにぎりを食べると体力も気力も戻ってきたので、下りはもっぱら行者ニンニクを探しながら採りながら、無意根尻小屋に到着。
2リットル以上持参したスポーツドリンクも心許なくなり、小屋の冷たい水で生き返った。

後はマウンテンバイクにまたがり一気に下山と行くはずだったのだが、砂利道の石に前輪をとられ、紋別岳に続きまたもや転倒。
今回は擦り傷と打撲の軽傷で済んだが、前輪のホイールが歪んでしまった。

そんな訳で、(マウンテンバイクの修理代で)財布と身体に痛かった無意根山だった。
まあ、私が転倒したから言う訳ではないが、この林道に自転車を使うのは石が多くてお薦めできない。
石狩森林管理署への電話では、もうじき(7月中?)ゲートを開放すると言っていたから、林道を歩きたくない登山者はゲートが開くのを待つのがよろしいかと。

山行記録
ゲート前07:40→宝来小屋08:40~08:45→大蛇ケ原湿原09:14~09:18→無意根尻小屋09:27→無意根山頂上10:58~11:25(昼食)→無意根尻小屋12:58~13:04→大蛇ケ原湿原13:10→宝来小屋13:31~13:35→ゲート前14:00
f0138096_181737100.jpg

宝来小屋。マウンテンバイクをデポして
f0138096_1817486.jpg

大蛇ケ原湿原。チングルマとワタスゲが目に付いたが湿原と言うより乾燥して平原
f0138096_18175777.jpg

無人だった無意根尻小屋(北大が管理)
f0138096_1818755.jpg

羊蹄山をバックに無意根山頂上
f0138096_18182669.jpg

転倒したので行者ニンニクを入れたマウンテンバイクのコンビニ袋も半分破れて
f0138096_18185583.jpg

f0138096_1819520.jpg

f0138096_1819151.jpg

f0138096_18192662.jpg

f0138096_18193825.jpg

f0138096_18194869.jpg

f0138096_18195994.jpg

f0138096_18201047.jpg

f0138096_182022100.jpg

上9枚は登山道で見かけた花
f0138096_18203296.jpg

下山中に初めてスライドした登山者を。札幌からのSご夫妻
f0138096_18204277.jpg

GPSの軌跡。ゲートから頂上の往復で23.28kmと表示された。
by tarumae-yama | 2012-07-01 18:34 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by nak_nob at 2012-07-02 14:18
無意根のゲート開放するんだ・・・
未踏なのでチェックしておこう(^^)
林道歩きは嫌いじゃないけどここはちょっと心細い。
Commented by motti-motti-motti at 2012-07-02 22:30
へぇ・・・ゲート解放ですか?
行きはまだしも、帰りのあの長い林道歩きは飽き飽きしますよね。
また行きたいと思ってました~無意根。
Commented by miton-chu at 2012-07-03 08:17
ゲート開放されるんですね!
今まで、三度行ってるんですが、何故か一度も山頂に立ってないんです。
ゲートが開いたら、是非とも機会を見つけて、行きたいです
Commented by tarumae-yama at 2012-07-03 09:36
nak_nobさん
ゲートが開放され、宝来小屋からの歩きならちょっと物足りないのではないですか?
ゲートから歩いて10分ほどのところには沼があって、時間があれば林道歩きも悪くはないです。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-03 09:39
mottiさん
最初にこの林道を歩いたとき、帰りは山菜(ウド)を採りながら下山したので飽きるほど長いとは感じなかったのですが、真夏の暑いときはシンドイかも知れませんね。
Commented by tarumae-yama at 2012-07-03 09:53
miton-chuさん
ゲートが開放されるときはHPに載せると言っていました。
私のブログにリンクしているスズさんの「大地の記憶」に、北海道森林管理署のHPがリンクされていますのでお役に立つのではと思います。

林道歩きがなければ随分手頃な山になりますね。
Commented by スズ at 2012-07-05 12:57 x
無意根山でマウンテンバイクって...私と同じことしてますね(^^)。
宝来小屋までは足枷にしかならなくて何やってんだろとか思いましたけど。
下りは全然楽でした。足元が悪くてものすごくゆっくり走っておりましたけど。
身体の具合は大丈夫ですか?
せっかくの夏山シーズンなんですから怪我したらもったいないですので、ご慎重に。

私が登ったときは、北大管理の小屋から少し上がったあたりが土砂崩れで、
登れませんでしたが、GPSの軌跡を見ていると今は別ルートができたんでしょうか?
Commented by tarumae-yama at 2012-07-05 21:39
スズさん
無意根山の林道は殆どアップダウンがないので、下りでは本当にマウンテンバイクの有り難みが分かりますね。
ただ、あの荒れた路面は神経を使います。
折角新調したばかりのズボンもダメージを受けました。
左足の膝が一番やられましたが、樽前山でそれ程痛みが出なかったので長距離でなければ何とかなると感じました。

土砂崩れの件は知りませんでしたが、無意根尻小屋からすぐの登山道は14年前と変わっていると感じました。
当時は急斜面に設置されているハシゴもありませんでしたし。
名前
URL
削除用パスワード
<< いちご狩り 6月26日、境山-上ホロカメ... >>