5月13日、風不死岳・樽前山西山-第3報-

風不死岳頂上で、Oさん達3人パーティと藪漕ぎ組に挨拶して下山。
せっかくの上天気、同じコースを戻るのはつまらないが東山は強風の可能性があるので、西山を経由してヒュッテに戻ることにした。

風不死岳では微風だったが、932m峰の稜線に出るとやはり風が強まってきた。
932m峰の手前からドームを左に見ながら西山まで、コメバツガザクラの群生が凄くて赤茶色に染まっている。
それはまるで能取湖のサンゴ草を見ているよう。(少しオーバーか)

西山頂上からは羊蹄山が一寸霞んでいるが、180度目を転ずると苫小牧港へ向かうフェリー(貨物船?)がクッキリと見える。手前の市街がこれだけ鮮明に見えるのも珍しいと思う。

ヒュッテに向かう途中、昨年見た駒草がどうなっているか探したところ3株見つけた。
もう10日もすれば別な場所でも見ることが出来そうな気がする。
樽前山の在来種ではなく、誰かが種を蒔いたという話だが、イワブクロウのように駒草にとって、樽前山は育ちやすい環境のようだ。

逆にそのことが、駆除する環境省にとっては大変なことなのだろう。
そんなことを考えながらゲートに到着。十二分に満足した山歩きだった。
f0138096_18243288.jpg

偽ピークから支笏湖。湖面の青さは本当に素晴らしかった。右端に恵庭岳
f0138096_18244518.jpg

大岩の向こうに樽前山の溶岩ドームが半分見える
f0138096_18245638.jpg

932m峰をトラバース中に樽前山を撮影
f0138096_1825710.jpg

コメバツガザクラを入れて支笏湖。その奥に紋別岳
f0138096_18251870.jpg

中央に風不死岳、左端に932m峰
f0138096_18252939.jpg

密集しているコメバツガザクラを
f0138096_18253841.jpg

溶岩ドーム
f0138096_18255144.jpg

フェリー(貨物船?)もクッキリ。西山の尾根から
f0138096_18261199.jpg

西山の頂上からの眺望
f0138096_18262259.jpg

溶岩ドームと右に東山の頂上
f0138096_18263512.jpg

右下に駒草、左上にも1株見える
f0138096_18264887.jpg

外輪山から溶岩ドーム。今日の噴煙は大人しい
f0138096_1827188.jpg

5合目ゲート。登山者の車がまだ数台見える。1週間後には7合目の駐車場まですんなり行ける?
by tarumae-yama | 2012-05-14 18:44 | 北海道100名山 | Comments(3)
Commented by ぴ~ちゃん at 2012-05-14 21:12 x
登山道にはもう雪が無いかと思ったら、まだあるんですね。
実は11日ゲートが開くと聞いたので時間前に行ったのですが
5合目が閉まっているなんて思ってもいませんでした。。。
私の先に一人の女性がいましたが、5合目のゲート前で仕度を
始めたので歩いたんでしょね。
私は根性がないので戻りましたが、イチャンコッペ山にしようかと
悩みながらも札幌まで帰って来てしましました。
やはり山に登る時はもう少し早い時間でないとね^^;
ちかじかイチャンコッペ山に登ろうと思っていたのですが
まだ雪があるのでしょうかね?
まだ私の夏山は始まりません。
ところで5合目ゲートは5月31日まで閉まっていると書いて
ありませたがその前に開くこともあるんでしょうか?
まあ、こちらのブログを見ているとわかりますね^^
Commented by tarumae-yama at 2012-05-14 23:49
ぴ~ちゃんさん
樽前山について言えば、7合目上の展望台から先、林の中に残雪があります。でも1週間のうちに消えるのではないかと思います。
そこから先は殆ど(全くと言っても良い)ありませんので軽登山靴でOKです。
風不死岳への登山道にも残雪はありますが問題ないと思います。

5合目のゲートには5月31日までと確かに書いてありましたね。
地元の登山者から1週間後と聞いたので、ヒュッテの管理人さんに確認しようとしたのですがお会い出来ませんでした。
確実なのは、ご自身で苫小牧市役所に問い合わせることだと思いますが。

イチャンコッペ山については、紋別岳や風不死岳から見た感じでは雪の筋が全く見えません。沢や日陰部分には僅かに残っているかも知れませんが、ぴ~ちゃんさんが登る頃には完全に消えているのではないでしょうか。
Commented by ぴ~ちゃん at 2012-05-15 06:58 x
ありがとうございます。
後一週間ですね^^  でもゲートが・・・・・ 確認ですね。
仕事のシフトとお天気と睨めっこしています^^
名前
URL
削除用パスワード
<< エゾリス 5月13日、風不死岳・樽前山西... >>