5月1日浜益岳-最終編-

浜益御殿の頂上直下でポッケさんを見ると、およそ15分くらいの距離だろうと考えていたのだが40分もかかったため、浜益御殿から浜益岳まで最長2時間見込まなくてはならなくなった。
帰りの余力も考え、浜益御殿から先、ザックをデポしポッケさんだけ空身で。
私が彼のスノーシューと水を、シマエナガさんは昼食とおやつを持った。
更に、現金も持ってあげると冗談のシマエナガさん。

おにぎりを一つ食べたポッケさん、浜益御殿から最低コルまでは良いペースだったが、登りにかかるとやはり足取りが遅くなり、そのうち浜益御殿で我々を待つと。
強風予想で丹鳴岳へ変更を検討したとき、最後まで浜益岳に拘っていたのだからせめて群別岳が見えるところまでもう少し頑張るよう励ましたのだが・・・・。

そんなことがあって結局ポッケさん、群別岳の勇姿を見ることなく引き返した。
そこからはるか先を行くシマエナガさんに追いつこうとペースを上げ、結局1時間ほどで9年ぶりの浜益岳の頂上に立った。
ここも浜益御殿同様、頂上部の雪が解けてハイマツが出ていた。

頂上で昼食を摂りながらこの素晴らしい景色を堪能したいと思ったのだが、ポッケさんの昼食を持って来ているシマエナガさんから、下山して浜益御殿で一緒に食べようと。

下山開始直後、雪庇のある辺りで突風が吹き、帽子を飛ばされた。
アッという間に雪庇の下の急斜面へ転がり落ちた。場所が場所だけに回収を諦めたが、友人からプレゼントされた品だけに何とも残念。
強風が吹いていたのだからなぜ帽子、もとい防止対策をしっかりしなかったかと悔いが残る。

浜益御殿までの戻りは随分と速かった。
9年前は雄冬山も登ったのだが、今回はその時よりも良いペースだから勢いで行っちゃいたい気分。

浜益御殿で昼食を摂りながら、眼前の雄大な景色を3人で占有しているこの贅沢!
心も腹も満たされて腰を上げたが、下りのポッケさん、大きな身体がどんどん小さくなるほどの速いスピードに、シマエナガさんと二人して目をパチクリ。

我々もワカン(浜益岳の下山時に履いた)から勢いよく雪を跳ね上げて後を追い、思いの外速く駐車地点に戻った。

ポッケさんのブログはこちら←青文字をクリックして下さい。
f0138096_15393581.jpg

浜益岳頂上直下の斜面を登るシマエナガさん
f0138096_1539508.jpg

頂上から暑寒別岳や群別岳の山並み
f0138096_154063.jpg

頂上直下から群別岳をアップで。8年前に登っているのだがまた登行意欲が沸いてきた
f0138096_15402364.jpg

雄冬山方面を見ながら下山中のシマエナガさん
f0138096_1541775.jpg

左に小さくシマエナガさんと前方にポッケさんの待つ浜益御殿、右に雄冬山
f0138096_15414110.jpg

雄冬山を右手に浜益御殿の一つ手前の斜面を登るシマエナガさん
f0138096_1542266.jpg

雄冬山をバックに浜益御殿頂上の二人
f0138096_15422138.jpg

最近山で良くやるようになったシマエナガさんのポーズ(ぴよしろうさん風)。ノンアルコールだがきんきんに冷えて最高に美味しかった
f0138096_15423671.jpg

日本海を眼下に見ながら下山中の二人
f0138096_1542589.jpg

下山中に撮影の浜益岳
f0138096_15431585.jpg

路面の出て来た林道に出てワカンやスノーシューを外す
f0138096_15433443.jpg

ポッケさんから送られてきた写真。往路でシマエナガさんと
f0138096_15434983.jpg

シマエナガさんの撮影
f0138096_1544734.jpg

浜益岳頂上、シマエナガさんのカメラでセルフタイマー使用。 写真は全て5月1日撮影
by tarumae-yama | 2012-05-03 16:15 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by miton-chu at 2012-05-07 08:13
3日、天候不順で浜益御殿諦めました。
浜益岳まで片道10キロですか?
未知の世界です
林道、車でどこまで入れるのかと思ってましたが、合流地点までは行けるんですね。
今週末でも、まだ、登れるでしょうか?
Commented by tarumae-yama at 2012-05-07 10:47
miton-chuさん
当日現地まで行って断念し、夕日岳を登ったと言うことでしょうか?

この週末まではどうでしょう?
林道の雪解けが進んでいるでしょうから車で上がれる分、浜益岳までの距離は短くて済むでしょうが、浜益御殿や浜益岳の頂上部周辺の雪がなくなって藪漕ぎで苦労するかも知れません。その辺の兼ね合いですね。
私は今シーズンの群別岳を諦め、夏山へ切り替えです。
Commented by miton-chu at 2012-05-07 19:32
雨の予報だったので、現地までは行かずに行き先を変更しました。山菜取れるかと思って夕日岳行ったんですが、行者ニンニクが少しあったくらいで、ぱっとしませんでした。
今週末、天気が良ければ、藪漕ぎ覚悟で浜益御殿行ってみようかと思います
あんまりひどかったら、さっさと撤退するかもです。まずは、下見って事で。
Commented by tarumae-yama at 2012-05-07 22:05
miton-chuさん
夕日岳のカタクリ、きれいですね。
行者ニンニクもあるのですね。
空知に行者ニンニクの宝庫と言われる山があります。
今年は久しぶりにその山へ行ってみようと思っています。

今週末の予報は良さそうなので浜益御殿、期待できますね。
ブログのアップを楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 日高山脈の縦走 5月1日浜益岳-浜益御殿まで編- >>