1月9日、樽前山

mottiさんと先月樽前山の約束をしていたのだが、強風のため延期となり今日実施。
沢山で登る方が賑やかで楽しいだろうし、もしきついラッセルになった場合多い方が良いだろうと、シマエナガさんやぴよしろうさんにも声をかけた。

昨日急な仕事が入りH原さんが不参加になったけれど、それでも7名のパーティ。
そのパーティの中で、nak_nobさんとはブログを相互リンクしているのに今日が初対面。
ぴよしろうさんとコメントのやりとりをしているというとりぷれっとさんとも初対面だが、何とぴよしろうさんも今日が初対面だと言う。

そんな一寸面白いパーティとなったが、そこは趣味が同じもの同士、長い林道?歩きをしているうちにそれぞれ打ち解けた雰囲気になれた(と思う)。

天気は朝の内上々だったが、頂上から下りるときは雪で一時支笏湖も見えないほど。
そして、nak_nobさんのスノーシューが8合目辺りで壊れ、引き返して小屋で待つというアクシデントのため全員登頂とならなかったのは何とも残念だった。

今日も一緒したたいがーさんの、2日にイチャンコッペ山に登った時の記事がアップされた。
nak_nobさんのブログに今日の樽前山の記事がアップされました。
f0138096_18211837.jpg

8時13分、ゲート前で記念写真
f0138096_18213195.jpg

風がなく天気も上々
f0138096_18215068.jpg

5合目ゲートで最初の休憩、早速ぴよしろうさんの麦汁シーン
f0138096_1822951.jpg

小屋で昼食後、森林限界点付近を登るスキー組
f0138096_18222296.jpg

mottiさんと右にスノーシューが壊れて小屋に戻るnak_nobさん。さらに右に小さくぴよしろうさんたちアイゼン組
f0138096_18223739.jpg

頂上への急斜面を登るシマエナガさん
f0138096_1822532.jpg

同上。60歳を越えたとは思えない力強い登り
f0138096_1823876.jpg

強風で雪が舞う中を登るmottiさん
f0138096_18241318.jpg

アイゼン組の3名
f0138096_1823255.jpg

頂上から溶岩ドーム
f0138096_18244175.jpg

同上。今日の噴煙は勢いが強い感じ
f0138096_1825146.jpg

頂上で記念写真
f0138096_19183754.jpg

眼下の支笏湖が見えなくなるほどの雪の中を下山開始
f0138096_18252029.jpg

無事下山して小屋前で記念写真
f0138096_18253578.jpg

小屋(左端)と樽前山をバックにスキーで下山開始
久しぶりに動画を撮ってみました

by tarumae-yama | 2012-01-09 19:13 | 北海道100名山 | Comments(16)
Commented by nak_nob at 2012-01-09 19:58
お疲れ様でした&今日はありがとうございました
スノーシューこわれて登頂できなかったのは残念ですが、また2月か3月にチャレンジしにいきます(^^)
多人数で歩くと長い林道も短く感じますね
またどこかでご一緒できればと思います

私の山行記録はこれから書きますが、今現在麦汁に満たされてぐったりしてます(笑)
今日中に書き上がるのかどうか・・・
Commented by とりぷれっと at 2012-01-09 20:42 x
本日は大変お世話になりました。とても貴重な体験をさせていただきました。スノーシュー組がすいすいと登って行くのには脱帽でした。。。
Commented by たいがー at 2012-01-09 21:10 x
今日はありがとうございました。
冬の樽前山、前々から行ってみたかったので登頂できて嬉しかったです。
イチャンコッペの時も思いましたがtarumae-yamaさんの軽快な身のこなしには驚きました。
全く付いていけずで…。
今日はくたくたです(笑)
Commented by シマエナガ at 2012-01-09 21:23 x
きょうは、お疲れ様でした。
tarumae-yamaさんの近くを歩いていたばっかりに登場シーンが多いですが、実はヘロヘロでした。
ハプニングもありましたが、まずまずの好天にも恵まれ、自分としては山頂も踏め楽しい時間を過ごせました。
多士済々のつわものたちが集い頼もしい限りでしたが、メンバーとして不足してるのはもう山ガールだけですね、、、
Commented by ぴよしろう at 2012-01-09 23:02 x
本日はお疲れ様でした。
温泉であったまりいい気持ちで帰り・・・疲れてさっきまで寝てました(笑)
いつも思いますが、よくまあすぐに記事を書けるものです。
自分のブログはいつものことながらちょっと更新が遅れます。
またよろしくお願いいたします。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-09 23:50
nak_nobさん
スノーシューのアクシデント、何とも不運でしたね。
冬はただでさえ防寒着やアイゼンなどで装備が重くなり、辛い思いをしながらひたすら頂上からの眺望を楽しみに登っているのに、この引き返しは本当にお気の毒でした。
樽前山は大好きな山ですから、また挑戦するときによければ声をかけて下さい。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-10 00:05
とりぷれっとさん
今日の樽前山は厳冬期とはいえ比較的穏やかな山でした。
12本爪のアイゼンとピッケルが必要な状況の樽前山も、きっとその緊張感が麻薬になるかも知れませんよ。
そんなときにぜひもう一度挑戦してみて下さい。

音楽の話も一寸聞かせてもらいたかったです。
また一緒出来れば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-10 00:10
たいがーさん
冬の樽前山に登頂できて良かったですね。
でも水を差すようですが、今日は厳冬期としては穏やかな方でした。
雪が飛んで土が出ていたので比較的楽に登れましたが、カリカリに氷化していて風があればかなりしんどい山になります。

今日は空身だったので軽快に感じただけだと思います。
また、ぴよしろうさんたちと行くときに一緒出来れば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-10 00:16
シマエナガさん
予定がおありだったのに調整までして参加を有難うございました。
動画を見て改めて感心したのですが、あの急斜面を大きな歩幅でスタスタ登る身の軽さは凄いです。

息子のような年齢の人達と一緒出来、60代の私達としては頼もしかったですね。

次回はH原さんと60代トリオで手頃な山に行きましょうか?
Commented by tarumae-yama at 2012-01-10 00:19
ぴよしろうさん
今日はいろいろと有難うございました。
皆さんに麦汁のことは知れ渡っているので、ブログの良いネタにされていましたね。

また皆さんと行かれるときに声をかけて頂ければ嬉しいです。

ブログのアップは速さだけが取り柄ですが、その分中身がありません。
Commented by motti at 2012-01-10 08:56 x
すっかり出遅れてしまいました(@Д@;
おはようございます。昨日は本当に楽しかったです、ありがとうございました。
帰宅後やることが多く、PCも立ち上げず就寝。。。
taruma-yamaさんとシマエナガさんの健脚ぶりには恐れ入りました。
私も今夜から記事作りに取り組みたいと思います。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-10 13:24
mottiさん
やっと冬の樽前山登頂が実現出来てホッとしています。
スキーでは疲れたことでしょう。
ザックの重量がある分、転ぶと起き上がるのにエネルギーを大量に消耗しますね。
ぴよしろうさんたちの山行きに同行させてもらい、一緒にスキー技術を取得したいです。

次はすんなり天気に恵まれて欲しいですね。
19日を楽しみにしています。
Commented by ミューラー at 2012-01-11 20:48 x
お疲れ様でした!
あんなに沢山の方達と登られて楽しそうですね。何処かの山岳会か?って感じですね(笑)
ぴようしろうさんのブログでのコメントありがとうございます!
退院したら是非お誘いください。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-11 22:08
ミューラーさん
コメントを有難うございます。
病室にPCを持ち込んでいる?それともスマートフォンから送信?
 
ぴよしろうさんから、友人が参加すると連絡があったので、またイチャンコッペ山のメンバーで当然ミューラーさんもいるものととても楽しみにしていました。
ところが、入院が控えているとのことで全く残念でした。

退院して落ち着いたら、ぜひまたご一緒しましょうね。
お大事に!

Commented by H原 at 2012-01-12 18:22 x
今回は参加できず残念でした、畠山隊長のもと皆さん厳寒の樽前山を大いに楽しまれたようでなによりです、今度はぜひ参加したいです。
Commented by tarumae-yama at 2012-01-12 22:59
H原さん
とても楽しかったので、H原さんが参加できなくて本当に残念でした。
またぴよしろうさんと相談して皆さんとぜひ一緒しましょう。

名前
URL
削除用パスワード
<< カードリーダー等 1月7日、樽前山-その2- >>