11月4日、ペラリ山-その1-

平成5年利尻島に転勤になった折、それまでのソフトテニスから登山に軸足が移った。
そのため、北海道新聞社から発行された「夏山ガイド」6巻を一気にそろえた。
インターネットが繋がるようになると、最新の情報を得るために幾つかのHPをお気に入りに登録し、それらは今私のブログにリンクしているが、中でも最も活用したHPの一つにJAJAさんの「楽しい山登りのホームページ」がある。

JAJAさんのHPにアップされた山は数年前に全て登ったつもりでいたが、ペラリ山が未踏であると最近分かり、H原さんを誘って昨日登ってきた。

JAJAさんのHP以外にもネットでペラリ山の最新情報を見ると、皆さん登山口まですんなりと辿り着けない様子。
標識等が一切ないため我々も直ぐ近くまで行きながらあれこれさまよった。
まあ、山そのものは標高が低いためあっけないものだったのだが・・・。

山行記録
登山口10:10→ペラリ山頂上10:47~10:52→694mピーク12:07~12:30(昼食)→ペラリ山登山道合流13:00→登山口13:22
f0138096_11135788.jpg

正面右側のピークがペラリ山。中央やや左の山が694mピーク(多分) 下山時に撮影
f0138096_1114935.jpg

林道分岐にある登山口の駐車場。私のRV車は2kmほど先の登山口まで行ったが荒れた路面にアンダーカバーを破損してしまった。乗用車はここに停めた方が無難。写真に写っている車には鹿ではなく熊撃ちハンターが乗っていた
f0138096_1114264.jpg

登山口に停めた愛車、下山時に撮影
f0138096_11144084.jpg

スタート直後の私
f0138096_1115013.jpg

ペラリ山は登山口から1時間もかからない低山だが斜面は思いのほか急、丁度イチャンコッペ山と風不死岳の北尾根コースを足して2で割ったような山だった
f0138096_11151347.jpg

中腹から奥に光る太平洋。下山時撮影
f0138096_11152688.jpg

全国的に珍しい天測点のあるペラリ山頂上
f0138096_11154193.jpg

頂上のH原さん。樹木に遮られて眺望はあまり得られない
f0138096_11174297.jpg

GPSの軌跡。短時間で登れたので笹漕ぎをして694mピークまで足を伸ばした。スタート地点から左に伸びる直線は余計。当初ペラリ山から東の662mピークを目指したのだが斜面が急そうなので北にある694mピークに変更。ペラリ山の右にある青旗は転進地点。上の青旗は鹿の角を見つけた登録地点。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2011-11-05 12:02 | 登山 | Comments(6)
Commented by yah-_-yah at 2011-11-05 17:13
ペラリ山とはマニアックですね。
(というか初めて聞きました)

ところで最近のハンターには要注意ですね。
特に本州から来ているようなハンター。
今年2月の厚真の殺人事件はまだ犯人が見つかってないし、先日も喜茂別町で鹿と間違われて(?)人間が撃たれましたね。
鹿と人間を本当に間違うのか怪しいもんです。
しかも素人じゃなくハンターがですよ。
その上2発も打つなんて。

僕は一部の悪質ハンターは人間狩りをしてるんじゃないかと思います。
Commented by tarumae-yama at 2011-11-05 22:11
yahさん
ちゃんと笹刈りされた快適な登山道があります。
もう紅葉には遅いですが、ダニの心配も薄れてこれからお薦めの手頃な山です。

ハンターによる不幸な事故が続きましたが、鹿撃ちをする友人の話では間違える可能性があるそうです。
友人は角(雄と言う事ですね)を確認の上引き金を引くと言う事でしたが・・・。
まあ、誤射されないためにも遭難時のためにも山では派手なウエアが良いかと思います。
Commented by ぴよしろう at 2011-11-05 22:41 x
冬を前にして、積極的に山に行かれてますね。
さすがです。

今の季節、草も枯れ始めて藪漕ぎしたりするのもいいかもしれませんが・・・
確かに鹿と間違われると怖いですね・・・。

登山道以外の藪漕ぎ・・・やろうかと思ったけど・・・止めます(苦笑)
Commented by tarumae-yama at 2011-11-06 00:12
ぴよしろうさん
これだけ動いているのに体重は増え続けています。
山でもカロリーの高いのを食べていては当然?ですね。

天気が良ければ、来週もHYMLに出ていた横山中岳など3山で笹漕ぎを予定しています。
お誘いしたいけれど、ぴよしろうさん最近は特にモテモテだから・・・。

しずちゃん、早く見つかると良いですね。
Commented by JAJA at 2011-11-07 22:53 x
ご無沙汰しております。JAJAです。
リンクありがとうございます。土曜日のアクセス数が高かった理由がよく分かりました。

ペラリ山の登山口まで迷われましたか?
うぬぬぬぬ、あの地図で完璧だと思ったのですが・・・。
看板類は完璧な模写でうまく描けたと自分としては非常に気に入っている地図です。
この山にも熊撃ちのハンターが入るのですね。
千歳の方の熊騒動はもうだいぶ落ち着いたのでしょうか?
Commented by tarumae-yama at 2011-11-08 00:18
JAJAさん
今晩は。
コメントを有難うございます。
ペラリ山は、登山口まですんなり行くのは難しそうだったので、JAJAさんの「登山口までこちらを参考にしてください」で表示される地図を印刷して持参しました。
結局、「カーブする橋の手前から左側へ下る」という案内地点で間違えたようです。
丁寧な案内図ですから、もう少しじっくり地図を見るとすんなり行けたと反省です。

下山時すれ違ったドライバーは、沢山いる鹿ではなく熊撃ちと聞いて驚きました。
千歳の熊騒動、最近は聞きませんがまだ二つ設置した檻には入っていないようです。
札幌では檻に入った熊が射殺されたと今日ニュースに出ましたね。

JAJAさんは最近はすっかり山から鳥の撮影に代わったのですね。
デジスコでの写真を拝見しましたが、凄くアップに撮れるものですね。迫力に驚きました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月4日、ペラリ山-その2- 11月1日、シマエナガさんの樽... >>