10月20日、恵庭岳で道迷い

今日は、朝から快晴の天気だったので恵庭岳に向かった。
駐車場には10台以上の車が停まっていて、頂上は登山者で大賑わいの予感。

10時前にスタートしたのだが、出だしから身体がとても重い。
久しぶりにデジタルオーディオで音楽を聴きながら3合目を過ぎた辺りだろうか、見慣れた登山道ではないと気づいたのだが、9月の大雨で登山道が一部変わったのだろう、この山では良くあることだとさほど気にしないで進んだ。
しかし、いつの間にか道がなくなり急斜面を倒木を越えてトラバースするような状況になった。

そこで道間違いだと気がつき引き返したのだが、なかなか登山道に戻れない。
まあ、下がっていけば何とかなるだろうと進んだものの崖にぶつかり進退窮まった。
強引に急傾斜地をトラバースして次の沢地形に出た。
その間枝でメガネを飛ばされるなど散々だった。

もう30回以上も登っているホームグランドのような恵庭岳で迷うとは思いもしなかった。
一月ほど前に70歳の男性登山者がこの山で行方不明のままだからその男性に呼ばれているのか、そうなら登山道を探しているうちに見つけることになるのかなどとあらぬ想像をしながら歩いていた。

結局30分もさまよった挙げ句やっと正規の登山道に戻ることが出来たが、そこは殆どスタート地点で、再度恵庭岳に向かう気力はもうすっかりなくなっていた。

そんな訳で、笹刈りされて快適な登山道になったイチャンコッペ山に変更したのだが、イチャンコッペ山の事は明日以降にアップしたい。
f0138096_1672395.jpg

支笏湖湖畔から正面に恵庭岳
f0138096_1673844.jpg

2合目辺りから振り向けば支笏湖と正面に紋別岳
f0138096_1675281.jpg

不安な気持ちを抱きながら登山道を探していて、北海道庁と刻まれたこの石柱を見つけたときはさすがにホッとした
f0138096_168825.jpg

石柱から踏み跡をたどって登山道に合流した地点。看板の左が登山道。ロープの奥から下がってきた
by tarumae-yama | 2011-10-20 16:17 | 北海道100名山 | Comments(12)
Commented by yah-_-yah at 2011-10-20 17:27
恵庭岳には2回しか登ったことのない僕が言うのもなんですが、「恵庭岳で間違うようなトコあるのかな?」。
と、先月の男性不明者が出た時には思いました。
でもベテランのtarumae-yamaさんでさえこういうことがあるのだから、いくら慣れた山でも油断はならないってことですね。
先月の不明者は見つかったという話はまだ聞きませんよね。
ホント、その男性が「俺を見つけてくれ~」とばかりに登山者を導いてるのだとしたら、怖いですね・・・・
Commented by えみに at 2011-10-20 21:23 x
慣れてらっしゃる山でもそういうことがあるんですね。
ほんと、山はどんな場所でもそういうことが起こりえる事を考えなきゃいけないと改めて思いました。
先月、美瑛方面から十勝岳に登った(詳細は分かりませんが)30代女性、単独だったらしいですが、霧で道を見失ったようです。その後発見されたかどうかは不明。
山は好きだけど、山で最後を迎えたくは。。。ないですね。

そろそろ京都でも足慣らしに歩きに行ってきます(^^)v
Commented by tarumae-yama at 2011-10-20 23:14
yahさん
昔の登山道に入りそうなところはロープが張ってありますし、まず間違えることはないと思いますが、今日通夜だったM君の事などを考えていたりして注意力が散漫だったかも知れません。
戻るときも、倒木を何本もまたいだりくぐったりが面倒で正確に引き返さなかったように思います。
そんなことが影響したのでしょうが、良い経験でした。

70歳の登山者は23日で一月になるようですが、早く見つかると良いですね。
Commented by tarumae-yama at 2011-10-20 23:20
えみにさん
コメントを有難うございます。
無事京都に戻られたのですね。

考え事をしながら漫然と歩いていたような気がします。
間違いに気がついて戻るときも忠実に引き返さなかったのが全てですね。
よく知っている山だからと地図もGPSもなしでした。

十勝岳~美瑛岳間はガスの時はとても不安な場所がありますね。
多分そこで迷ったのでしょう。
無事だったのなら良いのですが・・・。

京都も高いところは紅葉が始まった頃でしょうか?
Commented by ★元気ばば★ at 2011-10-21 00:15 x
べてらんさんでもこのようなことがあるのですね
油断禁物ですね
Commented by nak_nob at 2011-10-21 08:27
どのあたりで迷われたのでしょうか?

先日恵庭岳に登った時、「恵庭岳登山口看板」手前で道がわからなくなった事がありました。
沢なのかそれが登山道なのかが自信がもてなくて、進んでみたら合ってたので大丈夫でしたが・・・
Commented by tarumae-yama at 2011-10-21 09:26
元気ばばさん
べてらんと言っても年数が長いだけで学習能力は全くないようです。
登り慣れているという油断があったのかも知れません。
Commented by tarumae-yama at 2011-10-21 09:31
nak_nobさん
3合目の標識を越えたすぐ先のことで、地形図を見てみると等高線の490mあたりでしょうか。
490m~560mまで等高線が密になっていますが、その急斜面を間違って進んだように思います。
近々確認にもう一度登りに行きたいと思っています。
Commented by maatota at 2011-10-21 09:53 x
もぉーーーーー、今すごく胸がドキドキしていますよ。 ダメですよぉ、単独行なのだから、考え事などせずに、しっかり登山して下さいよ。 
あぁ~~、読みながら、どうなるのか、どうなるのか・・と、ドキが胸々しましたよ。って、胸がドキドキですぅ。
「行方不明者の・・あらぬ事・・」ってことも無きにしも非ず・・  だって、本当に、ホームグランドですものねぇ。 しばらくは、どなたかとご一緒されては?
Commented by tarumae-yama at 2011-10-21 19:13
maatotaさん
まあ、晴天でしたし携帯もつながる感じでしたから、そんなに不安は無かったのですが、ご心配をおかけしました。
崖のところから移動するときはスリル一杯で、滑落しないよう緊張しました。

次の恵庭岳登山の時はH原さんがつきあってくれそうです。
Commented by ぴよしろう at 2011-10-22 09:09 x
遅いレスですいません。
道迷い・・・自分もよくあります(笑)
どこかほんのちょっと変わってるだけで、誘われるように変な道(?)に迷い込みます。
ほんと、GPSは必須ですね。
Commented by tarumae-yama at 2011-10-22 13:20
ぴよしろうさん
アンギラスの時もそうでしたが、ついつい踏み跡に引っ張られますね。
そしてどんどんその踏み跡が成長?してますます本当に登山道の様になるので困ります。
野塚岳で迷ってビバークしたことがありますが、その時はGPSも地形図も持っていたのに、測地系を統一していなかった事に気がつかずさまよいました。

この週末は生憎の天気で残念ですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭渓谷の紅葉 アオバズク >>