ノートパソコンの検討-その1-

2階で使っていたデスクトップPCが壊れたことは6月の記事にした。
代替機購入資金の工面が何とか出来たので、昨日ヤマダ電機へ。

永年富士通のPCばかり買っていたが、今回ばかりは富士通以外から選ぶことにした。
デスクトップがノートより丈夫だとは必ずしも言えないと知って、今回はノートPCに決めた。

で、とりあえずコストパフォーマンスが高くて耐久性に定評のレノボ製と東芝製から選択することに。
富士通のサポートは1年間は無料だがその後は有料となるのに対し、東芝は今のところ期限を切ることなく無料でサポートを受けられるのが魅力的。

ヤマダ電機では、珍しくにこやかで知識の豊富な若い社員が応対してくれた。
あれこれ質問し検討の結果、レノボはG570 433449J。東芝はダイナブックT351/57CWを候補に挙げた。
どちらも液晶は15.6インチ、CPUはCore i5 2410M/2.3GHz となかなかなもの。
価格は54800円と94800円で、それぞれポイントが10%後者には13%付く。

レノボは、「価格.com」の最安値と実質殆ど変わらないという安さが大きな魅力。
なので、レノボにするなら好感度満点のヤマダ電機のこの社員から購入したい。

今、両機種をじっくり比較検討中なので結果は次回と言うことで。
f0138096_16154966.jpg

レノボのG570 433449J。ハイコストパフォーマンス機だが、Enterキーが小さくて押し間違いやすいという口コミが多い。写真は「価格.com」のHPより
f0138096_1616584.jpg

ヤマダ電機のPCコーナーを写す。8月8日撮影
by tarumae-yama | 2011-08-09 16:24 | その他 | Comments(2)
Commented by なまけ者鳥見人 at 2011-08-09 20:03 x
詳しくは久しぶりにTB機能を使ってみましたが、私も今なら東芝か、レノボかもしれません。
何しろ、ノートパソコンはずっとThinkPad、当時の日本IBMです。
Commented by tarumae-yama at 2011-08-09 20:42
なまけ者鳥見人さん
コメントを有難うございます。
安いにこしたことがないのでレノボにしようと思っていましたが、延長保証がないのがネックです。5年間故障しないで間違いなく使えると言うのなら迷うことがないのですが。

実は10年前に職場用として、PCに大変詳しい後輩に勧められIBMのノートPCを買った事があります。評判通りの丈夫な作りと真ん中の赤いデバイスマウスが強く印象に残っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< ノートパソコンの検討-その2 - 8月4日、花の富良野岳-その2ー >>