8月4日、花の富良野岳-その2ー

晴れた富良野岳の頂上に4人一緒に立つことが出来なかったのは残念だったが、まだ十分見応えのあるお花畑で昼食を摂った。
日帰り登山でガスを持参することはここ数年なかったけれど、今回水2リットルを持ったのでお代わり可能なお茶タイムがあった。
少々重くなっても山で一緒に飲むコーヒーや紅茶は美味しいと再認識したひとときであった。
これから単独で登るときにも時々はガスを持って登ろうかと思う。

頂上下のお花畑からトコトコ3時間かけて15時45分、無事登山口の駐車場に戻った。
直ぐ下にある「カミホロ荘」の温泉で汗を流し、家内が前もって調べていた富良野市内のおそば屋さん「小玉屋本店」で夕食を摂った。
この「小玉屋」さん、大きな駐車場を持ち、店内も広くてとても繁盛している様子。
ソバと丼物のセットを注文したが、量が多くて驚いた。
味もまあまあだったからコストパフォーマンス?の高さでお薦めの一店。

三笠から高速道路に乗って札幌の娘さんの住むマンションにKご夫妻を送り、十数年続く一泊登山が今年も何事もなく終わった。
この後、晴れ予報をみて日帰りで昆布岳か樽前山にでもお誘いしようかと思う。
f0138096_11465425.jpg

お花畑でお湯を沸かし、お茶タイム
f0138096_1147987.jpg

唯一残る雪渓も薄くなってきて近々崩れそう
f0138096_11473655.jpg

中央奥に富良野岳
f0138096_11474845.jpg

反対側の斜面に登山道が見える
f0138096_11475970.jpg

荒々しい安政火口分岐付近を下る一行
f0138096_11481521.jpg

ここまで来ると登山口までもう20分ほど
f0138096_114831100.jpg

f0138096_11484496.jpg

f0138096_1148564.jpg

f0138096_11491571.jpg

f0138096_11492974.jpg

f0138096_11494132.jpg

f0138096_1149543.jpg

f0138096_1150914.jpg

固有種と言われるフタマタタンポポ。 写真は何れも8月4日の撮影
by tarumae-yama | 2011-08-08 12:00 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by えみに at 2011-08-08 16:30 x
私もこの間はガスを持って、頂上で即席みそ汁を作りました。
日帰りなら魔法瓶の水筒でも良いなぁとおもうんですけど、新しく買うには予算がなくって。。。
山の上で温かい物って、ほんとホッとしますね。


Commented by さっぽろTake at 2011-08-08 21:54 x
4日の富良野岳ではお世話になりました。
蜂にさされた間抜けな男です。これからは登山の携行リストに「ムヒ」を
加えるようにします。
でも、その前にサポートタイツにもたっぷり虫除けをスプレーしなければいけませんね(笑)
天気にめぐまれ、花もきれいで、tarumae-yamaさんにもお会いできて素晴らしい一日でした。今度はカミホロにも行ってみたいと思います。
Commented by ★元気ばば★ at 2011-08-08 22:13 x
至福の一服ですね
最高!
次回は・・・・重たくても・・よほどおいしかったのですね
Commented by tarumae-yama at 2011-08-09 00:03
えみにさん
これから秋に向かって温かい飲み物は有り難いですね。
ひょっとして、暖かいとホッとをかけました?
魔法瓶安いのは保温能力が落ちますし、高いのは重かったりするから悩みますね。
Commented by tarumae-yama at 2011-08-09 00:06
さっぽろTakeさん
蜂に刺されたのは災難でしたね。
後遺症はありませんでしたか?
2度目が恐いと言いますから気を付けて下さいね。

上ホロもよいですが、十勝岳~美瑛岳も何とか日帰り可能だと思います。
こちらの方がお花畑の規模が大きいかも知れません。
Commented by tarumae-yama at 2011-08-09 00:09
元気ばばさん
水やガスを担ぎ上げる苦労をした分、温かな飲み物が一段と美味しく感じられます。
本格的なコーヒーを頂上で炒れる登山者を見かけますが、分かる気がします。
Commented by さっぽろTake at 2011-08-09 22:35 x
ありがとうございます!
十勝岳~美瑛岳、ぜひ行ってみたいです。
Commented by tarumae-yama at 2011-08-09 23:46
Takeさん
老婆心ながら、十勝岳~美瑛岳をぐるりと回るなら早出のスタートになります。また、十勝岳頂上から下って美瑛岳へはすぐ広い平坦な場所になり、ガスがかかっている場合道迷いを起こしやすいですから、そんなときは無理をしないで下さいね。
水もかなり必要かも。手前の雪渓が溶けていたらポンピ沢まで飲めないと思われるので。
名前
URL
削除用パスワード
<< ノートパソコンの検討-その1- 8月7日、千歳基地航空祭 >>