7月25日、富良野岳

家内と富良野岳に2年ぶりに登った。
もっともその時は単独で登り、家内は「風のガーデン」など富良野観光をして別行動だったので、家内自身は2008年7月以来3年ぶりの富良野岳だった。

青空が瞬間覗くものの、雲が多くて殆ど眺望は得られなかったのは残念だったが、沢山の種類の花の最盛期とぶつかりとてもラッキーだった。

雲が切れるのを待っていて頂上で話しをした女性は、富良野の「くまげら」で働く方。
この食堂は、昔大ヒットした「北の国から」のTVドラマに登場し、制作スタッフの食事の面倒をみたところとしても有名。

お花畑の花を堪能し分岐まで下りてくると、本州からのパーティの女性が足を痛めたようで、リーダーがヘリの要請をしたところに出くわした。
しばらく様子を見ていたが、飛来したヘリはガスで目視できなかったためか爆音を残してあっさり引き返した。
電池の消耗を心配したリーダーが家内に携帯を貸してくれとの頼み。
家内の電池が消耗したため私の携帯も提供。
リーダーから、登山口の「凌雲閣」で先に下山した他のメンバーにクレジットカードを渡してくれと頼まれたため、私のGPSに表示された位置情報をリーダーに教えて下山。
クレジットカードは今夕旭川空港から発つパーティの航空券に必要とのこと。

結局、位置情報が役に立ったのか不明だが、2回目の飛来で無事ピックアップされて病院に運ばれたようで、「凌雲閣」を目前に追いついたリーダーにカードを返すという、ちょっと緊迫した出来事があった。
f0138096_12511248.jpg

駐車場脇の登山ポストで記帳する家内
f0138096_12512818.jpg

正面に安政火口
f0138096_12514317.jpg

富良野岳分岐。ザックを置いて家内は空身で頂上へ、この辺りからお花畑が始まる
f0138096_12515379.jpg

頂上で「くまげら」のスタッフのえみにさんと会話する家内
f0138096_1252764.jpg

f0138096_12523738.jpg

f0138096_12525494.jpg

分岐であちこち連絡をするリーダーと負傷した登山者、横で心配する家内
f0138096_1253842.jpg

2度目に飛来した道警のへり、この数分後またガスに包まれたから無事つり上げられたのはラッキーだった
f0138096_12532592.jpg

f0138096_12533895.jpg

f0138096_12535148.jpg

f0138096_1254552.jpg

f0138096_12542169.jpg

f0138096_12543530.jpg

f0138096_12545445.jpg

f0138096_1255976.jpg

f0138096_12552310.jpg

f0138096_12554087.jpg

f0138096_12555433.jpg

f0138096_1256868.jpg

f0138096_12562310.jpg

f0138096_12563775.jpg

f0138096_12565730.jpg

f0138096_12571026.jpg

お花畑の花の数々、写真は何れも7月25日の撮影
by tarumae-yama | 2011-07-28 13:10 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by えみに at 2011-07-28 16:45 x
改めて、お山ではお声をかけていただいてありがとうございました。
山であんな満開の高山植物を見たのは初めてで、あいにくの曇り空にもかかわらず、感動しちゃいました♪

私も下山して、車の近くに消防関係?の車とその隊員さん達、警察が来ていたので何事か???と思ってました。
遠くで耳をダンボにしていると関東ツアーの方のどなたかが足を痛めてヘリを要請したとのこと。。。
分岐では大変だったんですね。
あのツアー参、頂上ではツアーのみなさん元気に写真を撮ってらっしゃったんですけど。。。
山はやっぱり何が起こるかわかりませね。
これからも心して登りたいと思います。
Commented by maatota at 2011-07-28 20:38 x

えーーーーっ、 お花が満開!! \(^-^)/
クーさんも頑張って登って良かったですねぇ!! こんなにタイムリーだったなんて、いいなぁ!!  日頃の行い・・・かな、ふふふ。(^-^)v
それにしても、負傷つれた方を目の当たりにするのは・・ 心臓バクバクですね・・ ご心配だったことでしょう・・ 本当に、上手く救助されて良かったぁー、ですね。
Commented by tarumae-yama at 2011-07-29 00:05
えみにさん
花にはピッタリのタイミングでしたね。
来週もまだ楽しめると思います。上ホロメットク山周辺のお花畑も見事かも知れません。

ヘリがピックアップ出来なければ地上から救助隊が出動するという二段構えになっていたようです。
その場合、時間的にリーダーの下山が旭川空港からの便に間に合わないだろうからと、リーダーからカード(航空券購入用?)を託されました。
もし、リーダーが間に合わなければレンタカー2台では乗り切れない(リーダーが3台目のドライバー)とのことで、私の車で空港まで乗せていってあげようと思っていました。
自宅と逆方向だからちょっとしんどいところでしたが、無事ヘリに運ばれて全てがすんなり?と収まったようです。
ヤレヤレでした。

私も歳だしそそっかしいので、特に単独で登るときには気を引き締めて山へ行こうと思います。
「くまげら」、人気のお店なんですね。味も良かったです。
Commented by tarumae-yama at 2011-07-29 00:21
maatotaさん
家内には多分5度目の富良野岳ですが、相性があまり良くなくて天気には恵まれません。
それでも、花の時期に登っているので堪能できて喜んでいました。
慌ただしかったですが、下山後富田ファームで更に花を楽しみ、念願だった「くまげら」で食事、そして温泉にも入って盛りだくさん?の一日でした。

カードを下山したメンバーに届けるため、ヘリの救出劇には立ち会っていませんが、地上からの救助隊とは最後まですれ違わなかったので多分無事ピックアップされたのだと思いました。
私も丘珠空港勤務時代、仕事でヘリのパイロット達と顔見知りでしたから、お世話になっては申し訳ないと何時も心して登山をしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月25日、富田ファーム -ラ... 「ぜるぶの丘」と「四季彩の丘」 >>