7月24日、緑岳から白雲岳-その2-

緑岳でGyoさんたちを撮ったり撮ってもらったりしてしばしの休憩後、お二人は一足先に小泉岳方面へ。
彼らの背中を見ながら私は途中の分岐から白雲岳の避難小屋経由で白雲岳に向かった。

稜線の登山道脇や避難小屋の付近には特に花が多く、あれこれ撮影しながらだからなかなかピッチが上がらない。
ようやく到着した避難小屋の周りには沢山の登山者がおもいおもいにくつろいでいた。
隣接のテン場のベンチで大休止。
そのベンチでは一組のカップルが食事を始めるところで、コッフル内のトマトスープから美味しそうな香りが。
ヨダレでも垂れたのか、keikoさんと名のった女性から、「食べませんか?」と魅力的なおすすめの言葉。
そこまで図々しくないので丁重にお断りしたが、代わり?にミカンをいただいた。
お返しに先月一時帰国したKさんからのお土産であるドライフルーツを渡し、あれこれ山話などを。
keikoさんは阿寒町にあるホテルのスタッフで、彼女の発信するブログは1日2000件以上のアクセスがあり、全国のホテル(関係者のブログ)の中でもトップを誇るそうだ。
帰宅して早速見てみると、なるほど写真も文章も素敵で人気の高さがうかがわれるブログだった。
動画が素晴らしいという同行のmatuoさんのブログも教えてもらった。
笑顔が魅力的だった彼のブログを見ると、寝不足でクタクタだったらしく、この時の私との会話は殆ど記憶にないらしい。

まだエゾノリュウキンカが咲くテントサイトの水場で冷たい水を水筒に補給し、白雲岳に向かったが、途中の分岐で小泉岳から下りてきたGyoさん達に再会。

白雲岳のすそ野では数年前にエゾノツガザクラの大群生に感激したものだったが、今回はまだ早いのか株そのものが減っているのか期待はずれだった。
しかし、チングルマの群落は丁度見頃で素晴らしかった。
その中にヨツバシオガマやリシリリンドウ、チシマキキョウなどが混じっていて目を楽しませてくれた。

最後の岩場を乗り越え4年ぶりの白雲岳頂上に立ったけれど、ガスにまかれ旭岳やトムラウシ山などの勇姿を見ることはかなわなかった。
もう1時間早ければとちょっと残念。

山行記録
緑岳頂上09:50→白雲避難小屋10:35~10:50→白雲岳頂上11:42
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10382177.jpg

殆ど花が終わったホソバウルップソウの群生が見える
f0138096_1038373.jpg

登山道脇にはエゾツツジが見頃に
f0138096_10385048.jpg

避難小屋と小泉岳・赤岳方面への分岐。左の雪渓の間に小屋が見える
f0138096_10391041.jpg

ナナカマドと避難小屋
f0138096_10392363.jpg

テン場でお話しをしたkeikoさんとmatuoさん
f0138096_1039374.jpg

白雲岳と小泉岳の分岐、ここでザックを置き空身で白雲岳に向かう登山者も多い
f0138096_10395847.jpg

ガスに殆ど覆われた白雲岳頂上
f0138096_1040153.jpg

f0138096_10403564.jpg

f0138096_10404967.jpg

f0138096_1041315.jpg

f0138096_10412421.jpg

f0138096_10414388.jpg

f0138096_1042366.jpg

f0138096_10422188.jpg

f0138096_10423839.jpg

f0138096_10425799.jpg

f0138096_10431171.jpg

f0138096_10433461.jpg

f0138096_1044156.jpg

f0138096_10441779.jpg

f0138096_10443265.jpg

f0138096_10444764.jpg

f0138096_104516.jpg

f0138096_10455265.jpg

f0138096_10461225.jpg

上の花々は白雲岳までのコースで見かけたもの
by tarumae-yama | 2011-07-27 10:56 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by まつお at 2011-07-27 23:15 x
白雲岳テン場にいた、まつおと申します。
ブログ訪問ありがとうございます。本当に見つけていただけるとは。当日寝不足からくるバテのピークのときにお会いしました。
お恥ずかしいです。また訪問させていただきますね。
よい登山とお写真を!
Commented by tarumae-yama at 2011-07-27 23:40
まつおさん
コメントを有難うございます。
それにしても速いペースに緑岳に登ったのですね。
下山時はすぐ前を歩いていたのですね。高原温泉に私は2分遅れで到着したようです。

道東へ行く機会もありますので、またどこかで会えるのを楽しみにしています。
来月のトムラウシ山縦走、天気に恵まれると良いですね。
Commented by yah-_-yah at 2011-07-28 11:43
やっぱ、大雪山はいいですね~。
広々としてて開放感がありますね。
テント泊しながらのんびりと花や景色を楽しみながら歩けたら気持ちよさそうですね。
まあ、天気がいいと気持ちよいんでしょうが、雨だと辛いですね・・・。
Commented by tarumae-yama at 2011-07-28 16:49
yahさん
人それぞれに好みの山があるでしょうから、奥深い日高の山が好きな登山者もいると思いますが、それでも大雪山はいろいろな面から突出して素晴らしい山だと感じています。
私もテントを持ってせめて山上で一泊が願望です。
Commented by なまけ者鳥見人 at 2011-07-30 21:17 x
全く関係のない話なので、どうしようかなぁと思っていたら、遅くなりました。
でも、やっぱり関係ない話しですが、お会いしたからのブログを読むと、名刺を持っておられるんですね。
私も最近、日本野鳥の会苫小牧支部の方で、役職として名刺を使う機会があったので、ついでに裏面には趣味の名刺・・・と、両面の名刺を作ったのですが、作ったとたん、使う機会がなくて、引っ込み思案の性格も私の場合は、影響していますね(^_^;)
Commented by tarumae-yama at 2011-07-30 23:51
なまけ者鳥見人さん
毎日のようにブログをアップしていても全くコメントがないのもちょっとさびしいものがあり、最近は図々しく名刺の大バーゲン?です。
家内からは嫌な顔をされていますが。
でも、そのおかげでコメントのない日が少なくなりました。
コメントがないときは、夜中に九州の山の知人が必ずコメントを入れてくれます。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月24日、白雲岳から緑岳、そ... 7月24日高原温泉から緑岳-その1- >>