7月21日、徳舜瞥山とホロホロ山の花など-その2-

徳舜瞥山の登山道はぬかるんでいることが多く、昨日は長靴で登ったのだが登山靴でも全く問題ない状況だった。
この山で10数名の登山者と出会ったが、長靴スタイルは皆無。
真夏の長靴は蒸れるし、黒色だから強い日射しにジッとしていると足が焼かれるようだった。
f0138096_743544.jpg

ホロホロ山の頂上から、標識の後ろに徳舜瞥山、右端に羊蹄山
f0138096_7431544.jpg

徳舜瞥山の頂上にザックを置いて空身でホロホロ山までピストンしたご夫婦を写す
f0138096_7432420.jpg

f0138096_7433391.jpg

f0138096_7434840.jpg

f0138096_744113.jpg

f0138096_7441763.jpg

f0138096_7442973.jpg

f0138096_7444349.jpg

f0138096_7445998.jpg

f0138096_7451262.jpg

f0138096_745262.jpg

by tarumae-yama | 2011-07-22 07:48 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by yo-shi2005 at 2011-07-22 20:46
山を踏み分けて滝に行くときはいつも長靴で行きます沢歩きも楽だし、蛇よけになりますから。
いろいろな花たちが、このときとばかり短い夏を楽しんでいるみたいです。
Commented by tarumae-yama at 2011-07-22 22:10
よしさん
長靴はジャブジャブ水洗いが出来ますし、道の状況によっては大変有り難いグッズですね。蛇よけにもなるのですね。

北海道は夏が短いので花が一斉に咲く感じがします。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月21日、徳舜瞥山、ホロホロ... 7月21日、徳舜瞥山、ホロホロ... >>