7月6日、風不死岳(北尾根コース)

朝起きると思いの外青空が広がっていたので朝食後風不死岳に向かった。
ところが、バタバタと準備したためか氷を入れたスポーツドリンクの水筒を忘れてくるという大チョンボ。
財布や携帯電話まで忘れている。
500mlのお茶のペットボトル1本では、今日の暑さとこの尾根の急登で大汗をかくのは確実なので全く心許ない。
お手軽な樽前山の転進も考えたのだが、4日前に登ったばかりだし、結局8合目までペットボトルに手をつけなければ頂上へ、途中で口にすればそこから引き返そうと決めて10時26分スタート。

汗が噴き出ているのに水分を補給できないしんどさ。5合目からペースがガックリと落ちる。
それでも何とか8合目まで進み、ここでやっとお茶を口にする。
そんなことがあって昼過ぎに風不死岳の頂上に到着。まったくヤレヤレであった。

頂上で話をした男性は、小中高校が私と同じで弟の同期生と分かった。
その後輩と一緒に下山し、途中から先を急がせてもらった。

蛇足?だが、キャラバンの登山靴GK-69、新しい靴下も悪かったのか、左足のかかと部分が靴擦れを起こした。
今まで愛用していたGK-47は最初からすんなり馴染んだのだが、この靴はとても3,4回の履き馴らしで済みそうにない。

山行記録
北尾根コース登山口10:26→頂上12:06~12:37→登山口13:31
休憩を含み登りに1時間40分、下りに54分
f0138096_103354100.jpg

8合目付近のお花畑はもう時期を過ぎていて、サンカヨウが実を付けていた
f0138096_1034771.jpg

風不死岳頂上から樽前山
f0138096_10342074.jpg

頂上から、支笏湖と奥に恵庭岳、写真の左端に尻別岳と右に殆ど雲に隠れている羊蹄山
f0138096_10343478.jpg

頂上の直ぐ下で、先を行く後輩
f0138096_10344998.jpg

同上、正面に紋別岳
f0138096_1035472.jpg

ナナカマドの葉だろうか、もう色づいていた
by tarumae-yama | 2011-07-07 10:40 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by yah-_-yah at 2011-07-07 13:07
昨日はいい天気でしたね。今日もいい天気ですが。
水分補給が十分取れないっていうのはキツいですよね。
皮の靴っていうのは馴染むまでにちょっと時間がかかるんですかね。
Commented by tarumae-yama at 2011-07-07 21:11
yahさん
3kgくらい体重を落としたいのでせっせと登っています。
休暇村の温泉でも汗を流したこともあり2kgほど減っていましたが、
今日、夕食の後の間食で元に戻りました。

10日もパッとしない予報で悩みますね。
Commented by ぴよしろう at 2011-07-07 22:37 x
体重落とすなら・・・長距離縦走です(笑)
ああ・・・今週は天気も都合もだめそうです・・・(涙)
Commented by tarumae-yama at 2011-07-07 23:24
ぴよしろうさん
長距離を歩きたいのですが、今度は右膝が・・・・、歳ですね。
でも、たかさんの雨竜沼から暑寒別岳ピストン、私もやりたいと思っています。

この週末都合がつかないと言うことは、平日に代休ですか?
それならどこか私にも歩けるプランでお誘い下さい。

Commented by maatota at 2011-07-08 00:31 x
あらぁ~、tarumaeさんもキャラバン登山靴GK-69で、左足のかかと部分に靴擦れを起こされましたか。 私は、いまだに(20日以上は履いたかも)両足のかかとに大きなマメをつくりますよ。 私の場合、GK-47も同様なのです。 まぁさんは、どうもないそうですが、重たいリュックを背負う時は、靴底が硬いLOWAとかの方が良いそうです。
あれれれれぇーー、今日は大変な「忘れん坊」だったのですねぇ。 汗っかきでいらっしゃるのだから、こういう時は無茶しちゃダメですよぉ。 「水分補給をガマン」だなんて・・ あぁー恐ろしい・・
Commented by tarumae-yama at 2011-07-08 10:14
maatotaさん
GK-47より皮が厚くなっている分、履き馴らしが必要のようですが、20日以上履いてもトラブルがあるのですね。
今度函館のガイドのkamakaさんに解決方法を聞いてみますね。

水分補給は汗っかきの私には特に大事です。
風不死岳の北尾根は樹木に覆われて直射日光を遮ってくれるので助かりました。
Commented by kamaka_ryu at 2011-07-13 16:06 x
tarumaeさん、こんにちわ。お呼びになりましたね(笑)
その通りGK69は踵も高くランバーラバーで被っていてガッシリ固めになっています。そのぶん足先はGK47より緩めなかんじです。
比較してみるとGK69が靴底が柔らかめでパターンが泥土向きでしょうか。GK69、私は山行5時間で6回目ぐらいからフィットするようになりました。靴下は極厚で足裁きを良くするためベロを外向きに逃がして踵が遊ばないようにキツメにしたほうが上手く馴染みましたのでいちど試してみてください。ベロ外向きは登りも楽で外反捻挫対策にも有効です・・・それでは!
Commented by tarumae-yama at 2011-07-13 17:58
kamakaさん
メールで教えて頂こうかと考えていたところです。
内心、コメントへ回答を期待していましたが。
色々と有難うございます。
きっとmaatotaさんも理解したと思います。

実は、今日そのGK-69でオロフレ山に行ってきました。
考えて極厚の靴下にしましたが、これが正解だったようで良い調子で歩けました。
もう数回履くと馴染んでくるように思います。
ベロ外向きの件は次回試して見ます。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。(^o^)
名前
URL
削除用パスワード
<< 土田英順チャリティコンサート ハスカップの実、初収穫 >>