7月2日、樽前山

(今日はブロ友と夕張岳の予定だったので、)恵庭岳で痛めた膝の快復具合を確かめに昨日樽前山に行ってきた。
タルマエソウ(イワブクロウ)の様子やキャラバン製GK-69の履き馴らしも兼ねて。

このところ当たり前となった週末は午後からの出発、思惑どおり7合目の駐車場にすんなり入ることが出来た。もっとも6月26日ほどの大混雑ではなかった。

前回とは逆方向にまっすぐ東山へ向かい、外輪山分岐から西山方面に進んでコマクサを見た後、西山には登らず、932m峰の手前から風不死岳分岐経由で駐車場に戻った。
時間にして2時間半弱のお手軽登山。

エゾイソツツジは盛りを過ぎつつあり、イワヒゲは完全に終わりを告げていた。
マルバシモツケはこれからがピークで、タルマエソウも後に続き、10日過ぎに見頃を迎えるだろうか。
コマクサは白もピンクも残っていて写真に納めることが出来た。登山道の近くまで増えていたので、眼の良い登山者は樽前山のコマクサにどんな反応を示すだろう?

結局今日の夕張岳は予報が思わしくなくて延期、私は町内会の草刈りに出動した。
f0138096_11592979.jpg

週末ということでファミリー登山も多かったが、丸まると健康そうな赤ちゃんはまだ8ヶ月?だそう
f0138096_11594199.jpg

まだ咲いていた白いコマクサ、先週と同じ場所で
f0138096_1295377.jpg

同上、ピンクのコマクサ
f0138096_12102028.jpg

ドームと手前の花はエゾイソツツジ
f0138096_12104418.jpg

コケモモの花が見頃に
f0138096_12113192.jpg

シラマタノキも咲き出した
f0138096_1204739.jpg

タルマエソウ(イワブクロウ)もあちこちで見られるようになった
f0138096_121395.jpg

途中で一緒になった登山者
f0138096_1212060.jpg

滋賀県中央部からやって来たそうで、このキャンピングカーで北海道には7月一杯滞在するそう
f0138096_1213636.jpg

小屋の前で何年ぶりかで会った小学校時代のクラスメイトのT君(左)、右はチョコチョコ会う高校時代のクラスメイトの弟君、後ろに高校時代の先輩女性も。皆さん登山をするとは思っていなかったのでちょっと驚きの出会い
by tarumae-yama | 2011-07-03 12:21 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by yah-_-yah at 2011-07-03 12:38
こんにちは。
夕張岳が延期になったので、どこかもっと低い山に登ろうかとも考えましたが、結局ダラダラしてます・・・
天気がイマイチだとテンションが上がらないですね・・・(;^_^A
樽前山は何回登ってもいいですね!
1週間で花は大分変わるんですね。先週行っておいてよかったです。今度はタルマエソウのいい時期に登りたいです。
滋賀県からやってきたオジサン、すごいですね。こうやってクルマで生活しながら山を点々とするとは、何とも優雅です。
夕張岳に備えて昨日ザックを新調しました。ちゃんと登山用のやつを。
晴れることを祈ります。
Commented by tarumae-yama at 2011-07-03 13:01
yahさん
朝から気象庁のアメダスの日照を見ていますが、登っても良かったかも知れません。まあ、来週に期待しましょう。

樽前山に限らず、高山植物は1週間から10日で入れ替わると言われています。昔、大雪の白雲岳でエゾツガザクラガのあまりの素晴らしさに10日後家内を連れて再訪しましたが、すっかり消えていてガッカリでした。

滋賀県から来た男性は、電子レンジも冷蔵庫も装備したキャンピングカーですから私の寝るだけの車とは大違いですね。
でも、大きければゆったりと過ごせますが、四国の山道(でも国道)ではすれ違うのも大変だと思います。
Commented by juju3291 at 2011-07-04 07:52
★元気ばば★
ピンクのコマクサはきれいですね・・・・
山に登ったものだけが見ることができる ご褒美ですね
Commented by tarumae-yama at 2011-07-04 10:15
元気ばばさん
本来樽前山にないはずの花ですが、コマクサは高山植物の女王と言われています。
この花はややピークを過ぎていますが、熟女の風格でしょうか。
昨年8月6日の記事や2007年7月26日の記事に大雪山でのコマクサの写真をアップしています。
よければ見て下さい。
大雪山は花の宝庫で、他の花も素晴らしいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< チューリップの球根 「花茶」でイチゴ狩り >>