3月28日、オコタンペ山経由漁岳と小漁山-その1-

前から約束していたH原さんとタイトルの山に登ってきた。
彼は漁(いざり)岳は6,7回登っているがオコタンペ山と小漁山は未踏とのこと。
私はオコタンペ山は2月、漁岳は昨年の4月以来、小漁山は5年ぶりのこと。
今日の装備は、冬用の登山靴にワカンと滑落防止用にピッケルというもの。

予報の晴れマークを待って今日登ったのだが、漁岳付近からの猛烈な強風と一時雪の降る恨めしい天気、その上雪質の悪さまで加わった。
本当は小漁山から先のフレ岳まで行く予定だったのだが、ハイマツ帯でたびたび落とし穴に落ち、すっかり気力と体力を奪われ時間切れとなって小漁山の先でオコタンペ湖に下りた。
追い打ちをかけるように、下山と同時にワカンに湿った雪が付着し高下駄状態。
疲れているのに足が重くなってストレスが溜まり、オコタンペ湖まで何と遠かったことか。

それでも、スタートから戻るまでの8時間半、誰にも会わない静かな山を堪能?した。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16495118.jpg

朝陽に輝く樽前山(左)と風不死(ふっぷし)岳、左上にまだ月が 支笏湖湖畔から
f0138096_1650596.jpg

恵庭岳と右に雲のかかる漁岳、左端に丹鳴岳
f0138096_16501891.jpg

正面のオコタンペ山に向かうH原さん
f0138096_16502937.jpg

オコタンペ山頂上で撮影中のH原さん、左端に小漁山
f0138096_1650415.jpg

オコタンペ山頂上直下から氷と雪に覆われたオコタンペ湖と正面に丹鳴岳、その奥に白老岳
f0138096_16505257.jpg

立木を挟んで右に漁岳、左に小漁山
f0138096_1651332.jpg

漁岳近くになって強風で雪煙が舞う
f0138096_16511461.jpg

漁岳頂上にて。立っていられないほどの猛烈な風にふっくらほっぺたの私もさすがに凍傷になりそうになり、この冬初めての目出し帽を着用。H原さんの撮影
f0138096_16513143.jpg

漁岳から小漁山に向かおうとするH原さん。正面に小漁山
f0138096_1652072.jpg

GPSの軌跡、全行程約18km、ヘロヘロでスタート地点に戻った
by tarumae-yama | 2011-03-28 17:10 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by ★元気ばば★ at 2011-03-29 06:59 x
山の知識がないのでなかなかコメントできないのですが・・・・
エベレスト登山みたいです【笑】
Commented by tarumae-yama at 2011-03-29 12:25
元気ばばさん
エベレストはオーバーですが、漁岳と小漁山の頂上では真冬並みの厳しさを味わい、早々に移動しました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 3月28日、オコタンペ山経由漁... ふきのとう >>