12月21日、イチャンコッペ山

使っていたスパイク長靴が破れたため、昨日ホームセンターで同じようなものを買ってきた。
しかし、サイズ切れだったので仕方なく1cm程大きいのを買ってしまった。
今までのものより長さがあるのは嬉しいのだが、その分重くなっている感じ。
計ると片方だけで1.1kgもあって、愛用しているキャラバンの登山靴より500g近くも重い。
靴底の模様?やスパイクの長さも微妙に違っている。
そんな訳で、今日イチャンコッペ山まで履き心地チェック登山に行ってきた。

10時57分、登山口を出発、登山者名簿ではニセコ町から単独者が10時3分に登っているらしい。時間差からすると、その登山者には登頂後、反射板ピークの下辺りを下りている最中に出会うだろうかと想像しながら登っていった。
予想どおりのところで出会ったが、何とまだ登っている最中だった。
膝辺りまでのラッセルを強いられ、その上大きなザックを担いでいるので予想以上に時間がかかったのだろう。
初めての山だから頂上まで行きたいとのこと、トレースを使わせてもらった礼を言って、そこで私が先行した。

やっと着いた反射板ピークでスノーシューを履き、空身で頂上を目指した。
ところが、この稜線歩きはスノーシューを履いているのに所々で太もも辺りまで沈むため足を引き上げるのに一苦労。その都度体力が消耗していく感じ。
春先の雪が締まってつぼ足で歩けるのとは大違い。
正直何度も登っている山だから引き返そうかとも考えたのだが、折角遠くからやって来たNさんに頂上を踏んでもらいたいとの思いでラッセルを続行。
この間は夏道だと15分かからず頂上に立てるのに、今日は55分もかかった。

5分ほど遅れて頂上に到着したNさんはそのまま先の三角点を探しに行った。
なかなか帰ってこないので話をすることなく先に下山。
さすがに2人分のトレースが使えた帰りは反射板ピークまで23分だった。
だが、結構きついラッセルのせいで両足の太ももがピクピクと痙攣しだした。
ツムラ68のお世話になるか迷いながらもなんとか飲まず登山口まで下りた。

途中、笹の出ているところではスノーシューの刃が引っかかり何度か転倒した。
そんなこんなで、普段手頃な山のイチャンコッペ山としては今回かなりしんどい登山であった。

肝心のスパイク長靴の履き心地だが、長さがある分雪が入ることなくその点は良かったが、スパイクの効き具合については前の長靴の方が優れていたように思える。

頂上からの視界は霞んでいてパッとしなかったので良かった時の登山記事も見て頂きたい。(青文字部分をクリックして下さい)

ところで、NさんはHPを持っているとのことで教えて頂いた。
以前私と同じリコーGX200を使っていると分かり何とも嬉しい。
山も凄いけれど、商品の紹介コーナーなどもなかなかユニーク。

山行記録
登山口10:57→反射板ピーク12:41~12:45→イチャンコッペ山頂上13:40~13:55→反射板ピーク14:18~14:20→登山口15:40

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20443424.jpg

正面に反射板ピーク
f0138096_20445461.jpg

反射板ピークへの鞍部で休憩中のNさん
f0138096_2045975.jpg

反射板ピークと右端にイチャンコッペ山の頂上
f0138096_20452795.jpg

反射板ピークの奥に恵庭岳、スノーシューを履いていても膝上まで沈む
f0138096_20454238.jpg

f0138096_20455852.jpg

恵庭岳の右に小漁と漁岳
f0138096_20462263.jpg

イチャンコッペ山の頂上標識、奥に反射板ピークとその奥に恵庭岳
f0138096_20463512.jpg

反射板ピークに戻る途中の眺望
f0138096_20465146.jpg

左端に紋別岳、支笏湖とその奥に霞む樽前山(左)、風不死岳
f0138096_204778.jpg

夕陽を浴びる風不死岳
f0138096_20472292.jpg

何とか明るいうちに下山、前の車はNさんの愛車?
f0138096_20473754.jpg

帰宅途中、支笏湖に沈む夕陽、ちょっと間に合わなかった
by tarumae-yama | 2010-12-21 21:02 | 登山 | Comments(4)
Commented by maatota at 2010-12-22 01:14 x
あれぇ~、すっごい積雪になっちゃってますねぇ。 ふふふ、「地元住民としてのオモテナシ」はNさんも喜ばれた事でしょうね、パチパチパチパチ。 夕陽・・ ちょっと残念でしたね。
あ~、登山に出掛けたいなぁ・・ でも、今週は住宅メーカー選定の正念場でっす!!
Commented by tarumae-yama at 2010-12-22 09:23
maatotaさん
平地と比べると予想より多かったですね。
それよりスノーシューでも埋まるのに閉口しました。
体重オーバーのせいですね。
今朝は左太ももの裏側がピクピクしています。

住宅メーカーの選定、悩ましくもあり、あれこれ検討の過程が楽しみでもあり・・・ではないでしょうか。
Commented by ぴよしろう at 2010-12-22 22:59 x
なかなか厳しい登山だったんですね(笑)
お疲れ様でした。
イチャンコッペはやっぱり景色いいですね。
自分も・・・そのうち行きます!
Commented by tarumae-yama at 2010-12-22 23:49
ぴよしろうさん
ラッセルはきついですね。大汗をかきました。
そんな訳でダイエットにはなりましたが、ヘロヘロとなって帰宅でした。
昨日、隣の紋別岳に札幌のHさんが登っていて、帰宅途中イチャンコッペ山の登山口で私の車を見たそうです。
今度一緒に樽前山を予定していますが、また登る気はありますか?
名前
URL
削除用パスワード
<< スパイク長靴 α55のバッテリー >>