12月17日、紋別岳

久しぶりに晴れたので紋別岳に登ってきた。
スノーシューをザックにスパイク長靴スタイルだったが、登山靴でも頂上へ行けるほど雪が少なかった。
10時32分にスタートして頂上までノンストップで1時間10分ほど。
下りは50分というあっけないものだったが、青空の下、視界が良く利いて気持ちの良い山歩きだった。
そして今日は頂上でお話をしたご夫婦のみの静かな山だった。
ご夫婦は、「北海道100名山」達成までイドンナップとピリカヌプリを残すのみとのこと。
どちらも結構手強い山と思うが、ぜひ登頂して100名山の達成感を味わって頂きたいものだ。
f0138096_16151180.jpg

登山口のゲートは関係者が入っているのか開いていた。思いの外雪が少なかった
f0138096_1615236.jpg

中腹で積雪はせいぜい3,4cmほど。バックに支笏湖と樽前山(左)、風不死岳
f0138096_16172146.jpg

中腹から恵庭岳
f0138096_16173271.jpg

恵庭岳をアップで
f0138096_16174567.jpg

中央に藻岩山スキー場と右に札幌市街
f0138096_1618187.jpg

樹氷とその奥に苫小牧市街
f0138096_16184070.jpg

アップで
f0138096_16185367.jpg

頂上からの眺望、持参したスノーシューは全く必要がなかった
f0138096_1619537.jpg

頂上でお話をした札幌のMさんご夫妻。了解を得て
f0138096_16191687.jpg

α55によるスイングパノラマ機能を使って。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2010-12-17 16:28 | 登山 | Comments(8)
Commented by ぴよしろう at 2010-12-17 21:39 x
う~ん、まだ雪ないんですね。
樽前に歩くスキーで行けないかと思ってましたが・・・まだまだですね。
行くならランニング登山かな・・・。

でも、1時間10分は早いじゃないですか!
Commented by tarumae-yama at 2010-12-17 22:40
ぴよしろうさん
思った以上に少雪で、例のスキーで下りたところはまだまだでした。
「樽前山の四季」を見ると12月8日現在ですが、登山靴でOKそうです。今でもそう変わらないのではないかと。
親子熊の足跡があったそうですから鈴を忘れずに。
実は19日に樽前山を考えているのですが、思案中です。
Commented by nabe at 2010-12-18 08:45 x
中腹からの恵庭岳・・・かっこいいですね!
樹氷も綺麗です・・・が雪が全然ないんですね。。
こちらは朝からモサモサと降り積もってます(^^)

お疲れ様でした!
Commented by ayaG at 2010-12-18 10:14 x
雪が積もるまで大人しくしている、と言ってたようですが
どうしてどうしてなんのその!!

「α55のスイングパノラマ機能」すぐれものですねー!

12/16樽前錦岡線を片道1時間ほど散歩してきました。
積雪3cmでしたが、本日の降雪でどうなったかナ

雪が小降りになったので、これから雪はねしますワ
Commented by tarumae-yama at 2010-12-18 13:18
nabeさん
中腹からの恵庭岳はビューポイントですが、何度も登っていると同じような写真ばかりになります。
千歳も今朝は10cm以上積もりました。
これで山は冬モードでしょうか。
Commented by tarumae-yama at 2010-12-18 13:23
ayaGさん
この頃体重が増え気味だったのでダイエットに登ってきました。
樽前山にしようか迷ったのですが、出発が遅かったので紋別岳にしました。

スイングパノラマ機能は簡単で繋がりもスムーズ、露光の差が出なくて優れものですね。

雪なしのクリスマスになるかと思いましたが、降りましたね。私も先ほど雪かきを終えたところです。
Commented by たかたん at 2010-12-18 16:59 x
堪らない素晴らしい写真ですね。
晴れ渡る空に青白く光る積雪、これこそ冬の美です。
北海道では、靴の裏に描を打ち付けてる靴を売ってるのは知っていて過去に見たことがあります。長靴のもなんですね。長靴での山歩きは足首などの固定が不安定ではないのですか?
慣れたら大丈夫なのかな?
靴裏のスパイクと8本か6本のアイゼンでは代替品としては成立しないのですか??
すいません。なんだかコメントなならずに興味が勝ってしまって質問だらけになりました。^^
Commented by tarumae-yama at 2010-12-18 23:31
たかたんさん
紋別岳は支笏湖や周囲の山々の眺望が良い比較的簡単に登れる山です。スキーにシールを付けて登ったりスノーシューで登ったり、アプローチが簡単なので真冬でも人気の山です。
スパイク長靴は、真冬前の今時期に利用します。
元々は雪かきの時に足下(新雪の下)が凍っていたりすると力が入らないので、そんなときに使います。
夏の滑りやすい濡れた急斜面での作業(登山)にも使われるかも知れません。
確かに足首の固定が不安定なので色々問題もありますが、手軽さで重宝しています。
足首を外側から固定するバンドなどもあるようですが私は使っていません。
長靴のスパイクは、私のは安物なので細くて短いかも知れません。
なので、カリカリに氷化した斜面では危険で、アイゼンとピッケルの出番です。
そんな訳で、代替品になるかどうかは状況次第としか言えません。
本州では使う場面がないのでしょうか?
スウェーデンではどうなのかkumokiさんに聞いてみたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 小澤征爾と樫本大進 カワセミ >>