12月6日、室蘭岳とカムイヌプリ

ぴよしろうさんの室蘭岳3往復登山に刺激され、札幌のHさんにお誘いの電話を入れると未踏の山だからとOKの返事。
さすがに、「私達も3往復に挑戦する?」と冗談半分に言うと、言下にノーの返答であったが。
下山後は、室蘭工大近くにあるHYML(北海道山メーリングリスト)の会員の「なかよしラーメン」で食事と温泉のプランであった。

室蘭岳は1時間ほどで頂上に立てる手軽な山だが、千歳から往復5時間もかけてそれでは勿体ないと考え隣のカムイヌプリも登ることとなった。

12月とは思えない暖かな陽気に、登り出してすぐに汗が噴き出してきたが、さすがに頂上で休んでいると寒さを感じるので、室蘭岳もカムイヌプリも頂上で証拠写真を撮ってすぐの下山であった。
ただ、カムイヌプリでは頂上と思ったところが、実際はその先に標識があるのに手前のピークをそうだと思い、そこから引き返すという大失態。
Hさんには大変申し訳ない事をしてしまった。

一つ驚きの出会いがあった。
下山時の白鳥ヒュッテで我々のすぐ後に下山した単独登山者に挨拶すると、何とラーメン店経営の「なかよしさん」だった。
実は前夜、「なかよしラーメン」さんのHPを見て月曜日が定休日と知ったのだが、まさかそのご本人にバッタリお会いするとは思いもしなかった。
「なかよし」さんとは昨年9月に黒岳ですれ違ったとき、ザックに結んでいたHYMLのペナントを見て声をかけたのが最初で、お会いしたのは今日で2度目のこと。
一緒に帰ってラーメンを作りましょうか?と言って頂いたが、辞退し我々は虎杖浜の温泉に向かった。

山行記録
室蘭岳登山口(夏道コース)08:56→頂上09:43~0950→カムイヌプリ(偽ピーク?)10:37→登山口11:55
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17591338.jpg

夏道コースの白樺の中を気持ちの良い歩き
f0138096_17592820.jpg

室蘭岳頂上で鐘を鳴らす後続の登山者
f0138096_1759442.jpg

カムイヌプリに向かうHさん
f0138096_17595999.jpg

Hさんの前方にカムイヌプリ
f0138096_1802087.jpg

カムイヌプリ(偽ピーク?)からバックに室蘭岳
f0138096_1803959.jpg

f0138096_1805142.jpg

沢沿いを下山中の私、Hさんの撮影
f0138096_20494367.jpg

登山口隣のスキー場には全く雪がない状態
f0138096_181457.jpg

下山時の白鳥ヒュッテ前にてHさん(左)となかよしさん。了解を得て
f0138096_1812728.jpg

GPSの軌跡、カムイヌプリの頂上まで行ってなかった
by tarumae-yama | 2010-12-06 18:16 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by ★元気ばば★ at 2010-12-06 20:45 x
すきなことをして 人とコミニケーッション
元気になりますね。
そして山登りののまとめをブログで・・・
すてきです
Commented by ぴよしろう at 2010-12-06 22:33 x
うわー、なかよしさんに寄るようなお話してたら本人に会っちゃたんですね。
なんかすごいものがありますね。
室蘭岳、まだ夏山ですね。
また行きたくなっちゃいました(笑)
Commented by tarumae-yama at 2010-12-07 08:16
元気ばばさん
「山登りのまとめをブログで・・・」、確かにこれだけで立派?な記録として残りますね。
自己満足ですが。
日記を処分しようかと思案中です。
Commented by tarumae-yama at 2010-12-07 08:22
ぴよしろうさん
「なかよしラーメン」さんの定休日とぶつかりガッカリしていたのですが、そのご本人とお会いしてビックリです。
なかよしさんは西尾根コースを登って夏道コースを下りたようです。
室蘭岳の頂上で地元の人から聞いたのですが、北側の沢から登るコースがあるそうです。
来年はローランドさんと4往復に挑戦ですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 青葉公園の8kmコース 「GOPAN」のその後 >>