21010年のお気に入りベスト5の山

2010年も残すところひと月となった。
少し気が早いけれど、今年登った山を数えると丁度70になった。
家内の体調が今ひとつと巻き爪で長時間は歩けないとのことで、今年は本州への日本100名山遠征を取りやめたのだが、それにしては随分な数であった。
もっとも、樽前山が17回、紋別岳が7回と近間のお手軽登山が多かったけれど。

今年、お気に入りの山を5つ選んでみた。
断トツの1位には、ピリカヌプリ、以下妙敷山狭薄山十勝岳愛別岳と続く。
次点?で樽前山西山経由の多峰古峰山だろうか。

ピリカヌプリについてはもう何度も記事にしたが、北海道新聞社が選定した「北海道100名山」の最後まで残っていた山だった。
2年前にトヨニ岳経由で挑戦したときは、ナイフリッジ上の新雪に阻まれ時間切れで引き返したが、足を滑らせたら命を落としそうな急峻な斜面に恐怖感を覚え、一度は断念した。
小樽のAさんが再度声をかけてくれ、別ルートから3泊4日もかけて登頂した生涯忘れられない山となった。

ピリカヌプリもそうだが、妙敷山も狭薄山も登山道のない山だから一般的に登れるのは残雪期に限られる。
どちらも数年以上前から登りたいと思っていたが、同行者と天気に恵まれ晴れ渡った頂に立つことが出来た。

十勝岳と愛別岳はすでに何度か登っている山だが、不順な今夏の僅かな晴れ日に登ることが出来て花や眺望に恵まれた。

次点?の多峰古峰山は、支笏湖を囲む山々を踏破する計画の一端として、樽前山から歩いたものだが、クマゲラを3度も見たり、熊の足跡が雪の上にあちこち残っていたりで、自然の豊かさを実感した登山だった。
f0138096_11461715.jpg

2010年5月3日、ピリカヌプリへ続く稜線上を歩く私
f0138096_11463410.jpg

2010年6月6日、妙敷山頂上で同行者のHさん
by tarumae-yama | 2010-12-01 12:00 | 登山 | Comments(8)
Commented by juju3291 at 2010-12-01 15:10
★元気ばば★
もう1年のまとめですか~
早いですね。奥様もご一緒に登られるのですね
仲良しさん!
Commented by mink330 at 2010-12-01 20:55
今年登った山が70ということは一カ月6回、すごいですね~
山登りしない私ですが、いつもきれいな写真で楽しませて
頂いてます。
Commented by kumoki at 2010-12-01 22:13 x
こ、こ、これは、、、、、
命がけで登る山もあるんですね。怖くなってきました…。
でも実際に自分で歩くと写真とは違う感動があるのでしょう。
すばらしいです!
Commented by tarumae-yama at 2010-12-02 10:12
元気ばばさん
樽前山も真っ白になって近郊で登れる山は紋別岳くらいとなり、年内は殆ど登らないと思ったものですからまとめてみました。
もっともネタ切れということもあります。
家内も時々一緒に登ります。
Commented by tarumae-yama at 2010-12-02 10:15
minkさん
高尾山良かったようですね。
70回と言っても樽前山が圧倒的に多いです。
我が家から30分少々で登山口という地の利があり、1時間かからず眺望の良い頂上ですから大好きな山で、何度登っても飽きません。
Commented by tarumae-yama at 2010-12-02 10:32
kumokiさん
日高山脈の山は、本州の山と違い登山道のないところが多くて大変です。
その原始性が魅力なのか、残雪期に、夏は沢を登ったりハイマツ漕ぎで頂に立つ、或いは縦走する山屋さんがいるようです。
これらの山では登山者より熊の数の方が多かったりして・・・。
私はそこまでやりませんが、ピリカヌプリは目標としていた「北海道100名山」に入っていたのでやむなく?でした。
天気と眺望にめぐまれたこともあり、また誘われても、あの大変さを考えれば2度と行かないと思います、多分。
Commented by yah-_-yah at 2010-12-02 10:54
ひやぁ~~(・Θ・;)
ピリカヌプリという名前は初めて聞きましたが、写真を見るだけで怖そうです!
まず登山道のない山ってだけで僕の頭からは除外されてしまいます。
頂点に立った時の達成感はものすごいでしょうけど、そこに至るまでの危険と苦労を考えると、登ってみようなんて考えもおきません(>_<)
Commented by tarumae-yama at 2010-12-02 13:36
yahさん
一度はとても無理だと断念したピリカヌプリでしたから、3日もかけて頂上に立ったときは涙が出そうなほど感激しました。
素晴らしい山ですから毎年残雪期のGW頃幾つものパーティが登るようです。
ガイドを付けて登ろうとする登山者もいます。
とりあえず、来春漁岳などで経験をされたらどうでしょう。良ければ(漁岳を)ご一緒します。
名前
URL
削除用パスワード
<< カワセミ フランス映画、「コーラス」 >>