11月13日、風不死岳(北尾根ピストン)と樽前山

数日ぶりの晴れ予報、明日からまた数日悪天ということでタイトルの山を登ってきた。

この時期の風不死岳北尾根コースはすっかり落葉しているから、振り向けば樹木の間から支笏湖や対岸の山々が綺麗に望める。
5合目付近で下山してきたソロの男性は、風通しの良い場所では雪がカリカリになっていてアイゼンの必要を感じたと言っていたが、今日の私はスパイク付きの長靴で万全。
MSR製スノーシューも用意はしてきたが、登山口の状態から不要と判断し車に置いてきた。

8合目付近から雪があったものの、頂上まで積雪はせいぜい2,3cmといったところだから、気をつけて登ればそれほど不安には感じない。

頂上に到着すると、樽前山の7合目からやって来た先行者が4名。
お話をするとリーダー?は「サラリーマン北海道山遊記」という有名なHPの管理人さんであるカントリーマンさんだった。
以前HYMLにも入っていたそうだ。

話をしているうちに8合目の先で追い越したパーティも到着したので皆さんの記念写真を撮らせて頂いた。載せることはOKとのことでアップしたがついでに私のブログも図々しくPRした。

カントリーマンさんたちは樽前山東山へ向かい、私は登ってきた北尾根を下山し、その後車で樽前山の7合目の駐車場に移動。
そこから風不死岳コースで樽前山の東山ピークを経由して登山口に戻った。

思いの外雲が広がったもののこの時期としては暖かく、風も殆どなかったので気持ち良い山歩きを楽しむことが出来た。

山行記録
風不死岳北尾根コース登山口09:42→5合目10:10→8合目10:44→頂上11:12~11:32→登山口12:13分
休憩を含め登りに1時間30分、下りに41分
樽前山の記録と写真は明日アップの予定。
f0138096_16425395.jpg

風不死岳北尾根コースの登山口、雪が全くなかったのでスノーシューを置いていくことに
f0138096_1643957.jpg

8合目付近から雪が現れる
f0138096_16432885.jpg

その先に4人パーティ、北大に勤務?する仲間とか、アイゼンを装着していた
f0138096_16434733.jpg

樹氷と中央に恵庭岳
f0138096_1644294.jpg

樹氷と中央にイチャンコッペ山
f0138096_1644163.jpg

風不死岳頂上直下から支笏湖を望む
f0138096_16443110.jpg

頂上から樽前山とその奥に太平洋
f0138096_16444570.jpg

頂上でカントリーマンさんたち一行と北大のメンバー
f0138096_1645555.jpg

明日アップする予定の樽前山、頂上からドームと左に西山ピーク、手前のロープが氷結している
by tarumae-yama | 2010-11-13 17:01 | 登山 | Comments(10)
Commented by ぴよしろう at 2010-11-13 18:50 x
「サラリーマン北海道山遊記」ですか。
見たことありますね、そのHP。
結構検索でヒットしますよね。
今年最後の夏山の風不死、この後も雪がなければトレーニングに行きたいなあ・・・と思ってます。
Commented by マンタン at 2010-11-13 19:21 x
こんばんは。
手軽(と、言っていいのかな)に登れて、素晴らしい山ですね。
樹氷も景色も抜群!
続いて樽前山ですか、いいですね。
富良野方面に出かける時に支笏湖を通りますが、こんないい所とは・・・
Commented by nabe at 2010-11-13 19:39 x
樹氷と支笏湖のコラボがきれいですね!
写真などいつも勉強させていただいています。

そして、なんとなく遅くなりましたが・・・(笑)
もしよろしければtarumae-yama さんのブログをリンクさせていただいてもいいでしょうか!?
よろしくお願いしますm(__)m
Commented by ★元気ばば★ at 2010-11-13 21:17 x
山はこのように雪が積もっているのですね
天気が良くて良かった~
山登りはまったく経験なしです
Commented by tarumae-yama at 2010-11-13 21:31
ぴよしろうさん
電話して都合を聞こうか迷いました。
きっと予定があるのだろうと思い、一人で登ってきました。
「サラリーマン北海道山遊記」、写真が多く文章も楽しいですね。
家内もぴよしろさんの文章のようだと楽しそうでした。
ご本人もとても明るくて楽しい人でした。

この山一つではトレーニングには物足りないのでは?
Commented by tarumae-yama at 2010-11-13 21:35
マンタンさん
北尾根コースからの風不死岳は、落葉のシーズン見晴らしが良くなり登山者も少なくて静かに楽しめる山です。
冬のシーズンは紋別岳か根性をいれてゲートから歩いて登る樽前山くらいですが、支笏湖周辺には魅力的な山が多いのでお勧めです。
今度時間を作って一緒に登りませんか?
Commented by tarumae-yama at 2010-11-13 21:40
nabeさん
写真の腕はnabeさんの方がずっと上で素敵です。
写真の雰囲気から優しさが伝わってきます。私には全くないものです。

リンクの件、とても嬉しいです。
これもぴよしろうさん繋がりですね。
私もリンクさせて頂きます。
Commented by tarumae-yama at 2010-11-13 21:44
元気ばばさん
何時もコメント有難うございます。
山は先月の下旬まで多かったのですが、その後の雨などで殆ど解けてしまいました。
でも、樹氷は予想外のことで青空に真っ白な枝枝が何とも言えず美しく感じました。
Commented by yah-_-yah at 2010-11-13 22:19
今日は仕事後、支笏湖には行ったのですが・・・(;^_^A
風不死岳や恵庭岳は上の方が白かったですね。
白い木と青い湖のコントラストが綺麗ですね!
ところでスパイク付きの長靴っていうのは登山用なんですか?
北尾根コースって登ったことないんですが、登りも下りもすごく早くないですか?
下りの41分って、滑り降りるような早さなのでは・・・?
長靴なのに異常に早いと思います!

樽前山はまた7合目まで行けるようになってるんですか?
明日は予定があってムリですが(天気も悪そうだし)、来週あたり行って見ようかなぁ~。
Commented by tarumae-yama at 2010-11-14 13:10
yahさん
ブログでモノトーンの支笏湖の写真を拝見しました。
その4枚目良いですね。
ところで、朝のうち恵庭岳は雪が降っている感じでしたね。

スパイク長靴、登山専用というのは多分ないと思います。
私のはホーマックで買った安物で、普段は雪かき用に使っています。
真冬のカリカリ斜面にはアイゼンでなくては危険ですが、今の時期は効果的です。
特に風不死岳の北尾根は急斜面で滑りやすく、濡れた落ち葉では余計です。
登りの1時間半は大体私の普段のペースですが、下りはスパイクが良く効いたので急斜面を半分飛ぶ?ように下りて来たので予想より早かったです。
予定になかった樽前山にも登ることにしたため、急いだせいもあります。

樽前山のゲートは倒木処理が終了し10日頃再開放したようです。「樽前山の四季」によると25日の11時に冬期閉鎖に入るようですから、その前にぜひどうぞ。
今日は7合目の駐車場まで全く雪がなくて夏タイヤでOKでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月13日、樽前山 アカゲラ他 >>