10月29日、紋別岳-写真をメインに-

当日の朝、私のブログにリンクしている「樽前山の四季」を見ると、管理人のKさんが前日に樽前山に登っていた。
長靴で頂上まで行けると考えていたが、Kさんの記事ではそんな積雪ですまないらしく、頑強な彼の体力を持ってしてもラッセルに時間をとられ途中で引き返している。

そんな訳で、北尾根コースでの風不死岳も諦め紋別岳に転進したが、念のため持って行ったスノーシューは正解であった。
登りこそトレースを使わせてもらったが、歩幅が大きくえらく疲れてしまった。
だから、帰りはトレースのないところをスノーシューで気ままに下りてきた。

10月下旬とは思えない穏やかな陽気の紋別岳を堪能できて何よりだった。

なお、30日夕刻、洞爺湖からの帰りゲート前を通ったがまだ閉まったまま。

f0138096_1873184.jpg

登山の前に支笏湖湖畔に行き、そこから正面に恵庭岳
f0138096_1874329.jpg

同じ所から真っ白な樽前山と右に風不死岳
f0138096_1875860.jpg

登山ポストの近くにある普段閉まっているゲート、積雪はこの程度、関係者の車が通ったのか轍の跡
f0138096_1881025.jpg

1kmも進まないうちに倒木があり、車の轍もここより先にはなかった
f0138096_1882417.jpg

紋別岳は登山口から頂上まで4849mあって200m毎にこのような表示板がある。半分を過ぎた2600mから樹木の奥に頂上(右側)、写真の上でクリックすると大きくなります
f0138096_1883972.jpg

途中から恵庭岳
f0138096_1885219.jpg

直登コースを下山する4人パーティ
f0138096_1891481.jpg

頂上直下の積雪は膝上くらい
f0138096_1893436.jpg

紋別岳頂上からスノーシューを、奥に樽前山と風不死岳
f0138096_1895239.jpg

f0138096_1810114.jpg

f0138096_18102660.jpg

f0138096_18104121.jpg

6年前の台風により多数の倒木が発生、その後植林をした場所、中央奥に紋別岳

今日(30日)、小樽のAさんと洞爺湖中島の最高峰トーノシケヌプリを登ってきた。
山記録や写真は、多分明日更新します。

とりあえず2枚だけ。
f0138096_1942618.jpg

帰りの船上からAさんと中央にトーノシケヌプリ
f0138096_19422438.jpg

トーノシケヌプリ頂上から羊蹄山と右端奥に尻別岳
by tarumae-yama | 2010-10-30 18:32 | 登山 | Comments(4)
Commented by ★元気ばば★ at 2010-10-30 20:28 x
すばらしい景色です
身震いしてしまいそう。
秋色の葉が白い雪にはえます。
自分の足で歩いたものだけが楽しむことができる美しい自然ですね。
Commented by ぴよしろう at 2010-10-30 21:38 x
おかげさまで今日、紋別岳でスキーしてきました。
だいぶ融けてましたが、それなりに楽しめました。

トーノシケヌプリ・・・はじめて聞きました。
では、また!
Commented by tarumae-yama at 2010-10-31 09:29
元気ばばさん
景色に喜んで頂き嬉しいです。
登った甲斐がありました。
その内気合いを入れて樽前山にも登ってみます。
Commented by tarumae-yama at 2010-10-31 09:32
ぴよしろうさん
早速登ったのですね。
例の雪崩斜面を滑ったのかと思いましたが、登山道を下りてきたのですね。
そのうち、樽前山の斜面を滑りたいですね。
カリカリになる前に。
名前
URL
削除用パスワード
<< 10月30日、トーノシケヌプリ 10月29日、紋別岳 >>