9月29日、紋別岳

来月甲府のヨッシーさんと樽前山の予定だから、下見を兼ね昼からその樽前山に向かった。
ところが、台風並みに発達した低気圧の影響で風が大変強く、稜線では歩行困難かも知れないと考え、支笏湖に近づいてから標高の低い紋別岳に急遽転進。

だが、歩き出した紋別岳は登山道(保全道路)に強風で折れた枝が散乱、樹木が大きく揺れて怖さを感じ、途中から直登コースを歩くことに。
これは大正解、風の音が頭上で凄かったものの、木々に囲まれた電柱の真下を歩くので強風の影響はほとんどなかった。
その代わり、傾斜がきつい上前日の雨でスリップしやすく、ササにつかまったり四つん這いになったりしての登りで大汗をかいてしまった。

頂上から普段穏やかな支笏湖の湖面が強風で波立っているのが逆光の中に見えた。
スタート直後に2組の登山者とすれ違ったが、無人の頂上で10分ほど休憩、幾分風が収まった保全道路を色づいて来たナナカマドなどを見ながら下りてきた。

山行記録
登りも下りも同じ1時間5分。
f0138096_10504938.jpg

保全道路から分かれ電柱に沿った直登コースを30分ほど汗をかいて登り、振り向くと支笏湖と奥に樽前山、その右に風不死岳が見える
f0138096_1051424.jpg

紋別岳の頂上直下がお花畑だが、枯れかけのリンドウを見たのみ
f0138096_10512099.jpg

頂上から逆光の支笏湖と右に恵庭岳
f0138096_10513383.jpg

頂上から左端に藻岩山とその右に札幌の市街
f0138096_10514799.jpg

普段穏やかな支笏湖の湖面が波立っている。写真の上でクリックすると大きくなります
f0138096_1052098.jpg

下山時、頂上直下から頂上にあるアンテナ塔を写す
f0138096_10521577.jpg

オオカメノキの実
by tarumae-yama | 2010-09-30 11:06 | 登山 | Comments(2)
Commented by ぴよしろう at 2010-10-01 08:03 x
紋別岳、夏は一度も登ったことがありません。
なので、電柱のところを直登できるのも初めて知りました。
雪が積もったらまた今シーズンもここで遊びたいですね。
Commented by tarumae-yama at 2010-10-01 21:26
ぴよしろうさん 今晩は。
2月28日にショートスキーで滑った付近が夏道の直登コースです。
紋別岳、手軽に登れて、それでいて支笏湖の眺めは素晴らしいですよ。
数年前まで、紋別岳で夏山のシーズンをスタート、11月にこの山でシーズンを閉じるように決めていました。

冬、滑れるようになったら声をかけて下さいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 10月1日、昆布岳 甲府のヨッシーさん >>