9月14日、西別岳と摩周岳-その1-

摩周道の駅で起床すると素晴らしい天気。
登山口に移動すると、立派な小屋に神戸ナンバーの車が止まっていた。
12日には多くの登山者で賑わったようだが、今日はどうやら私が1番手の様子。

6時44分登山口をスタート、20分ほどのがまん坂はなかなかの急斜面。大汗をかいて稜線に出ると、右手に摩周岳や摩周湖がクッキリと望める。

西別岳から次に向かう摩周岳には忘れられない思い出がある。
10年前の7月、家内と摩周岳(と西別岳)に登った帰り道、稜線上で雷に遭い1時間以上もしつこく雷光と雷鳴に追われ死ぬほどの恐怖を味わった。
恐ろしさからぴったりつこうとする家内に、「離れろ、離れろ!」と邪険?に言った私を家内は今でも恨めしく思っているに違いない。

そんなことを思い出しながら西別岳の頂上に立った。
少しずつ雲が広がる気配に写真を数枚撮ってすぐ摩周岳に向かったのだが、残念ながら3度目の摩周岳頂上はまたもガスに覆われ全く視界が得られなかった。

山行記録
西別岳登山口06:44→西別岳頂上07:50~07:55→ヌ牛別岳頂上08:00→分岐08:31→摩周岳頂上09:11(休憩を含め西別岳まで1時間6分、西別岳から摩周岳まで1時間16分)
f0138096_1211105.jpg

登山口の案内板
f0138096_1211248.jpg

正面に西別岳頂上
f0138096_12113949.jpg

西別岳に向かう途中の稜線上から正面に摩周岳と摩周湖
f0138096_12115671.jpg

リスケ山と左手奥に斜里岳
f0138096_12121499.jpg

正面に雄阿寒岳など阿寒連峰
f0138096_1212271.jpg

ヌ牛別岳頂上から正面に摩周岳
f0138096_12124812.jpg

ガスの摩周岳頂上、天気回復待ちの登山者を写す
by tarumae-yama | 2010-09-21 12:22 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by 森 弘子 at 2010-09-21 14:53 x
こんにちは
おじゃまいたしま~す。  tarumaezanさんは精力的に登山をされているんですね~ 摩周だけも登られたんですね~
お天気が良ければ楽な山ですし最高ですよね~ 
湖畔の周辺を歩いている時に心地よい風が吹いていた事を覚えています。   これから紅葉シーズンですので小さい山でも登りたいのですが中々です。
道東の風景 美幌の夕焼けなどもとってもキレイです。
コメント入れていませんが時々見せていただいていますよ!
これからも楽しみにしています。   (^-^)
Commented by mink330 at 2010-09-21 17:17
山のことはあまり詳しくないのですが、tarumaeさんの写真で自分では決して行くことのない山の風景を見せていただいてます。

最初にUPした夕焼けの風景いいですね。
どこか外国の景色のようです。
Commented by tarumae-yama at 2010-09-21 18:06
森さん、今晩は。
7月の羅臼岳以来でしょうか。
ブログとダイエットのためにせっせと登っていますが、全然ダイエットにはならず、天高く馬肥ゆる秋状態です。
先日、摩周岳の帰り幕別町の温泉を愉しんできました。

美幌の夕焼けの写真は随分高いものになりました。
Commented by tarumae-yama at 2010-09-21 18:14
mink330さん
山で紅葉の美しい写真を撮りたいと思うのですが、今年の猛暑の影響が心配です。
そろそろ樽前山のナナカマドの実が赤く色づいて来ますので、簡単に歩ける風不死岳コースの散策はいかがですか?

美幌峠の夕陽の写真、高い代価を払った思い出深いものになりました。
トホホです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 9月14日、西別岳と摩周岳-その2- 千歳・インディアン水車まつり >>