9月7日、樽前山と風不死岳

12日に天気が良ければぴよしろうさんと久しぶりに縦走の山を予定しているので、今日はトレーニングに樽前山と風不死岳を登ってきた。
早朝の雨が止み9時頃からは青空がどんどん広がってきた。

9時40分に7合目の登山口をスタート、40分ほどで東山のピーク、それから少し戻る形で外輪山を半周、西山のピークを経て932m峰に向かう。
ドームを背に途中の見晴らしの良いところで昼食を摂り、12時前に再び歩き出し、932m峰のピーク下をトラバースして風不死岳には13時26分に到着。
50分ほどのんびりとし14時16分に下山開始、15時58分7合目の登山口に戻った。

今日も気温が上がり林の中は暑かったけれど、稜線上は風を受け心地よかった。
午前中は視界が良くて羊蹄山が望めたし、支笏湖の湖面の青さも美しかった。
シラタマノキの実が大きくなって白さを増し、ススキやナナカマドの赤い実が秋の訪れを感じさせるそんな樽前山・風不死岳登山だった。
f0138096_11301186.jpg

西山ピークから樽前山ドームと右に東山ピーク、左に支笏湖が望める
f0138096_11302521.jpg

ドームの周りはシラタマノキが一杯
f0138096_11303797.jpg

風不死岳の頂上直下から支笏湖と恵庭岳
f0138096_11304961.jpg

風不死岳の頂上、千歳市内のカーディーラーに勤務する若者達で賑やか
f0138096_11311119.jpg

前方に霞んできた樽前山、風不死岳より下山の登山者
f0138096_11312877.jpg

くさり場の難所で悪戦苦闘中のカーディーラーの女性社員とサポートの男性社員
by tarumae-yama | 2010-09-08 11:51 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 鶴の湯温泉のハスの花 早来町の鶴の湯温泉 >>