7月25日、平山

今日は移動日で、夕方までにウトロに入り温泉を楽しむつもりであった。
岩見沢から高速に乗り、層雲峡辺りから大雪の山並みが見えて来ると、久しぶりの晴天だし明日の羅臼岳の前に足慣らしをしようと言う気になった。
しかし、大雪の山は頂上部が雲の中、北大雪は頂上まで見えているので平山に決めた。
この山の地形図は持ってきていないが何度も登って勝手の知った山だし、GPSがあるから特に不安はない。

白滝で高速を下り、登山口で昼食を摂って12時50分にスタート。
ところが、ベルトを忘れてきたため履いていたゆるめのゴムが入ったズボンのまま登る羽目になった。
傾斜がきつくなって大量の汗でズボンが濡れ、その上膝を深く曲げるたびにずり下がる。
遅い出発だから私の後から登山者が来る心配?はないが、いたら見たくもないパンツを見たかも知れない。

第1雪渓で休憩中、北見市から来たという50名を超える大集団が下りてきた。
リーダー役はHYMLの会員であるIさん達であった。
午前中に雨が降ったようで、皆さんのスパッツは泥だらけ。普段でも水気の多い登山道だから余計ひどい状態になっていて、基本的にスパッツを使わない私は、ずり下がったズボンのせいもあってもっと悲惨状況。
だが、第2雪渓付近からお花畑が広がり、もうすれ違う人もなく花と風景を独占し気分良好。
意外にもイワブクロウがとても多く、タルマエソウと別名がついている樽前山のそれと比較しても平山は決して負けていないと思う。
稜線分岐付近では、そろそろ終わりかけのコマクサも見ることが出来た。
野鳥のウソやキツネにも出会えて楽しい登山となったのが嬉しい。

下山後、丸瀬布の「マウレ山荘」の温泉に入り、遠軽町の100円ショップでベルトを購入。
疲れもあってウトロまでの予定を諦め、斜里町の道の駅に22時頃到着。

山行記録
休憩を含め登りに2時間3分、下りに1時間35分
f0138096_14312577.jpg

大集団の下山、北見の市民登山会であったらしい
f0138096_14313994.jpg

イワブクロが岩にびっしり
f0138096_14315424.jpg

キノコをアクセントにニセイカウシュッペ山を写す
f0138096_1432612.jpg

黒岳など表大雪の山は頂上部が雲の中
f0138096_14321965.jpg

稜線分岐付近からニセイカウシュッペ山
f0138096_14323198.jpg

今年ウソ(雄)を撮るのは初めて、大きくトリミングしたのでブレが目立つ
f0138096_14324559.jpg

キツネの歓迎? 写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2010-07-28 14:43 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by mura at 2010-07-28 17:37 x
はじめまして、平山にてお会いしたHYML幽霊1号です。
道東三山ご苦労様でした。われわれも事故もなく無事登山会を
終えました。
Commented by tarumae-yama at 2010-07-28 18:26
mura さん
コメントを有り難うございました。
50名もの参加者をサポートしての登山、ご苦労様でした。
雪渓の下りでは覚束ない人もいて気が抜けないようでしたね。

平山はあんなにイワブクロウが多いとは思いませんでした。
今年は当たり年なのでしょうか。
樽前山のイワブクロウ(タルマエソウ)も今年随分多いと感じました。

昨日、雌阿寒岳でも北見からの4人組と少し話をしましたよ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月25日、平山で見た花等 知床より無事帰宅 >>