7月14日、ガスと強風の樽前山

札幌の友人M君夫婦と千歳のS君の家族らを案内して総員8名で樽前山に登ってきた。
久しぶりの再会を楽しみにしていたM君は急な出張が入り不参加となったのは残念。

2日前の予報が外れ、森林限界から先はガスと強風に悩まされた登山であった。
それでも、満開のタルマエソウ(イワブクロウ)の他にコマクサ(シロバナも)にも出会えた。
このコマクサ、「樽前山の四季」というHPを持っているKさんから咲いている場所を前日に電話で教えて頂いていた。ガスの中ではまず見つけられないと思っていたのだが、的確なKさんの説明のおかげで願いが叶い本当に幸運であった。

視界の効かない天気に、頂上からそのまま同じ道を下山した方が短時間で戻れるのだが、樽前山が初めてというメンバーが多かったので風不死岳への分岐を経由して下山した。
途中の岩陰で強風を避け昼食を摂ったが、それでも3時間15分で7合目の駐車場に戻った。

下山にこのコースを選択したのは大正解で、風も登りより弱めであったし変化のある登山道や花、風景などメンバーには大変好評であった。
悪天ではあったが、また登りたいという話にガイド役の私としては報われた思いである。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18523162.jpg

f0138096_18524335.jpg

下山時、途中からガスも切れて
f0138096_18525482.jpg

f0138096_18535760.jpg

f0138096_1854775.jpg

f0138096_18543293.jpg

f0138096_18545038.jpg

f0138096_1855925.jpg

by tarumae-yama | 2010-07-14 19:01 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2010-07-15 00:04 x
あらまぁ、今日は、視界の効かない天気だったのですか・・ 残念でしたねぇ。 でも、珍しい「コマクサのシロバナ」に出逢えたのですね。 「的確なKさんの説明・・」って、スゴイですねぇ。 それを理解できたtarumaeさんもスゴイですよ。
シロバナは、可憐でいて凛としていますよねぇ、カッチョイイ!!
Commented by tarumae-yama at 2010-07-15 18:09
maatotaさん
誰かがタネをまいたコマクサ、環境省の職員が抜くと聞いていたのですが、そのままになっていました。
本来ない花があるのは問題なのかも知れませんが、それでも高山植物の女王を見ることができたのは嬉しい事でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月15日、二日続けて樽前山 指揮者西本智実氏のCD >>