5月23日、イチャンコッペ山

昼間は晴れるとの予報にイチャンコッペ山に行って来たが笹かぶりがひどくなっていて、手入れがされなければもうこの山は残雪期に登るしかないないのかも知れない。

10時丁度に登山口をスタートしたが、直後に下りて来たご夫婦は藪こぎとダニに嫌気がさし、反射板の手前で登頂を断念したとのこと。その後も2組、強風とガスが取れそうもないので反射板から引き返したと言っていた。
そんなことがあったが、追いついた深川からのご夫婦の露払いをして1時間30分後頂上に立った。

ガスが晴れず、視界が得られなかったのですぐに下りだした。
途中から青空がぐんぐん広がりようやく支笏湖や恵庭岳が見えてきた。
1時間で登山口に戻ったが、予想以上の笹かぶりにガッカリであった。
f0138096_1641221.jpg

笹をかき分け下山中の登山者
f0138096_16413516.jpg

反射板の手前の急斜面を登る深川からのご夫婦を写す
f0138096_16414571.jpg

途中の登山道で見かけたシラネアオイ、明日にでも咲き出すだろうか?
f0138096_16415616.jpg

ガスが取れだし、恵庭岳が見えてきた。頂上の岩峰も姿を現しだした
f0138096_1642887.jpg

クッキリと見えだした恵庭岳(中央)と右手前に幌平山
by tarumae-yama | 2010-05-23 16:48 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 5月23日、恵庭岳の花 ムギマキ他 >>