5月4日、ピリカヌプリ4日目-最終回-

夜の間荒れた天気も朝には収まり、起床時はまだ深い霧の中だったが陽が昇るにつれ青空が広がるようになった。
「ポロシリ隊」には3日間もトレースを使わせてもらったので最終日くらい先に出発してお返しをしようと話をしていたのだが、まだテントも撤収していない7時過ぎに登って(下って?)きた。

「お茶の接待はないのかい?」と冗談を言いながら我々のテン場で休憩タイムを持った。
昨日のソエマツ岳では、頂上直下に微妙なところがあって無理をせずそこから引き返し、昼過ぎにピリカヌプリの頂上に立ったとのこと。

結局、我々が春別山を後にしたのは「ポロシリ隊」より1時間以上遅い8時25分。
2日目、3日目の晴天高温に昨夜の雨で随分と雪解けが進んだ感じで、往路は雪で埋まっていた沢がすっかり露出してあちこちからフキノトウが顔を出している。

11時10分、1日目のテン場に到着しここで昼食を摂った。
いよいよゲートまで13.5kmの長い長い林道歩きだが、下りなのに途中の約三分の一が登りになっているという非情な帰り道である。
ガスと食料分は確実に減っているはずだが、今までの汗で濡れた衣類と雨に打たれたテントが入ったザックは、蓄積した疲労と寝不足もあってむしろ重くなったように感じ、更に林道の遠さを味わった。
その上悪いことに、私の両足裏に大きな血豆が出来、痛む足を引きずるようにしてやっとの思いでゲートに到着した。
それは15時40分の事で、もうこれ以上歩けないと言う程限度一杯の行程であった。
GPSの表示は4日間で45.8km歩いたとあった。

途中、三石温泉で4日間の汚れと疲労を洗い落として生き返った。
静内の街では焼き肉とノンアルコールビールで登頂のお祝いをし、21時過ぎ無事帰宅した。

率直に言って、ピリカヌプリの頂きに立てる可能性は50%以下と思っていた。
あの細尾根から転落死したというニュースを聞いた事がないから、よもやの事はないだろうとは思っていたが、それでもそそっかしい自分がそのニュースの当事者になるかも知れないと言うことで、出発前、遭難救助保険証と生命保険証とを机の上に置いて家を出た。

家内には相当心配をかけたから、これから暫くは2人で温泉と花見でもしてノンビリしたい。
f0138096_16171273.jpg

6時10分、ガスの中だが、少し明るくなってきた
f0138096_16172412.jpg

7時15分、「ポロシリ隊」が下のテン場を撤収して登ってきた
f0138096_16174068.jpg

正面に現れだした神威岳を見ながら帰路につく
f0138096_1617532.jpg

右に春別山、左のピリカヌプリの頂上は強風が吹き荒れているのだろうか?
f0138096_1618630.jpg

いよいよ尾根から離れるので、この光景を目に焼き付けて
f0138096_16182343.jpg

登りの時は雪で覆われていた沢が随分と顔を出した
f0138096_16183646.jpg

疲れているのに(凄い崖になっているから)最後まで気が抜けない林道歩き
by tarumae-yama | 2010-05-08 16:38 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by maatota at 2010-05-09 08:13 x
夜の間の荒れた天気が晴天にまでなり、本当に恵まれましたねぇ。
えー、両足裏の大きな血豆は、どうなりましたか・・ 下山時は凄く痛かったでしょうねぇ・・
最後の凄い崖、しかも小石で滑りやすそうな・・ あ~、本当にご無事でご帰還、ヨカッタですぅ!!
Commented by tarumae-yama at 2010-05-09 10:04
maatotaさん、お早うございます。
本当に今回は行動中の天気に恵まれました。
足裏の豆は、違和感を覚えたときにすぐプラブーツを脱いで処置すれば良かったのですが、面倒くささと何とかなるだろうと思っているうちに悪化しました。
帰りの温泉では歩くのが苦痛でしたが、帰宅後針で体液を抜き取り、今は殆ど普通に歩けます。
Commented by アヒル副隊長 at 2010-05-09 23:28 x
お疲れさまでした!そして北海道の百名山完全制覇?おめでとうございます。
奥さんもブログチェックされているようだから(我が家と一緒ですね)
あんまり迫力のある写真UPしたら、これからは冬山行かしてもらえないカモね。
それにしてもあの大量のガスボンベ、半分以上使わなかったのでは?
Commented by tarumae-yama at 2010-05-10 09:29
アヒル副隊長さん
ご無沙汰しています。お祝いのコメント、嬉しいです。
2年前のトヨニ岳でナイフリッジの雪をスコップで落としながら進んだ動画を家内が見て仰天したようです。
なので、今回は初めて反対されたのですが、色々幸運が重なり思いの外すんなり頂上に立つことが出来ました。
ガスは3個持って行きましたが、雪を溶かして水を作ったり、テント内で暖房用として使ったので殆ど使い切りましたから予備日まで滞在していたらどうなったか。
お子さんの成長、早いですね。奥さんも子育てであっという間の毎日なんでしょうね。
寝不足にならぬようお気をつけ下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< フジ GS645S Profe... 5月3日、ピリカヌプリ3日目 >>