4月12日、紋別岳から735mピークまで

このコースは4月3日に試みたのだが、紋別岳で吹雪かれ頂上から引き返している。
再度挑戦と言うことで、昨日8時40分に紋別岳の登山口をスタート。
下りでスキーを楽しむためショートスキーをザックにくくりつけ、アイゼンとスノーシューも持参。

今年は雪解けが本当に遅く、スタート地点からたっぷりの残雪。
風が無く多少霞んでいるものの青空が広がる上々の天気、しかしザックが重く感じて今日はどうも調子が出ない。

10時5分、管理道路から外れ最初の780mピークに向かう。このピークには数年前、紋別岳からの下山時に寄っているからここが735mピークまでの実質スタート地点。
このピークから735mピークまで小さなピークを七つ八つ踏む形になる。

支笏湖の外輪山をつなごうなんて考える人はいないようで、一切トレースもピンクテープもなかったが、樽前山や風不死岳、恵庭岳などが違った角度で見えるからとても新鮮、樹木も少なく視界が開けているので本当に気持ちの良い歩きであった。

しかし、陽の当たる斜面は笹が出て、雪面のあちこちに亀裂や穴が開いている。時期的にはギリギリのところだったかも知れない。

予想より早く2時間程で管理道路に戻り、沢地形をショートスキーで滑り降り12時45分登山口に戻った。
昼食後はイチャンコッペ山の登山口に移動し、幌平山に登って漁岳の登山口まで尾根を歩くつもりだったが、お腹が満たされても次の山に向かう気力が出てこなく、あっさり自宅に戻ることにした。

3月30日にイチャンコッペ山から735mピークまで歩いているので、とりあえずこれで紋別岳までつながった形となった。
f0138096_12322634.jpg

10時5分、管理道路から外れスタート地点のピーク(正面右手)に向かう。正面にイチャンコッペ山
f0138096_12323848.jpg

10時27分、斜面には亀裂や穴が出来ている
f0138096_12325424.jpg

10時37分、今日最大の難所、80mほど下って又80mほどの登りだが、斜面が急な上雪が溶けて笹も出ているから、ここにスキーをデポして行くことに。しばし斜面とにらめっこしてコースを考える
f0138096_12341151.jpg

11時32分、下山時、コース取りしたトレースを写す
f0138096_1233822.jpg

10時43分、笹の上の緩んだ雪に悩まされながら、斜面の途中から支笏湖と奥の樽前山と風不死岳を写す
f0138096_12344522.jpg

10時50分、ようやく登り切り、スタート地点の紋別岳方面を写す
f0138096_12345875.jpg

10時51分、無風の支笏湖に映る影恵庭岳
f0138096_12351777.jpg

終点の735mピークが樹木の間からわずかに白く見える(735mピーク到着は11時10分)
f0138096_12353213.jpg

11時26分、帰路、イチャンコッペ山へ続く外輪山と左手奥の漁岳等を写す
f0138096_1236218.jpg

GPSの軌跡、上の青旗はスキーのデポ地点。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2010-04-13 13:06 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2010-04-14 00:13 x
あらら・・ 「ザックを重く感じたり・・」、「次の山に向かう気力なく・・」だったのですか、どうされたのでしょう、体調は大丈夫ですか? こんなステキな景色を見ても、ブルーな心境だったのは何なのでしょうねぇ。 遊び過ぎのお疲れとか・・ ふふふ
結構、霞んでいたのでしょうか、あまり青空の色がでてませんよねぇ・・ 
Commented by tarumae-yama at 2010-04-14 09:12
maatotaさん
確かに遊びすぎですかね~。
天気は下り坂で雲が厚さを増してきた上に霞んでいましたから、抜けるような青空とはなりませんでした。
今日は雪が舞っていますが、積もるまでにはならないでしょう・・・。
名前
URL
削除用パスワード
<< 撮像素子の汚れ? 福寿草-追加- >>