1839峰

 札幌のUさんと2泊3日で登った中日高の1839峰は、北海道100名山の中で一番大変な思いをした山であった。
 3日分の水9リットルを加えたザックの重さ、徒渉直後からの長い急登、稜線上の嫌になる程のアップダウンとハイマツ漕ぎ、特にコイカクシュサツナイ岳のテン場から1839峰までの日帰りピストンは過酷で、声がかかっても2度目の挑戦は全くあり得ないと思う。
 
 2人で3日間独占した贅沢な山であったが、今でも鮮明に覚えている本当に辛い山であった。
 
 何故かこの山の写真の殆どが見つからなかったので、市内の山の知人であるたかさんのHPを紹介したい。
 彼の山行記録と写真で、厳しさと景色の美しさを感じて頂けたら嬉しい。
 
f0138096_13463428.jpg

重荷を背負って徒渉開始のUさん、2005年8月16日撮影
 
f0138096_1346587.jpg

切れ落ちた崖の道を進むUさん、下山時の2005年8月18日撮影 写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2010-02-09 13:57 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by マンタン at 2010-02-09 20:00 x
こんばんは。
このような登山が本来の登山なんでしょうね・・・
sakagさん然り、すごいことですね、大自然に向かっているのが強く感じます。
荷物が大きいですね、私は貧弱な体格ですので苦手でした・・・
Commented by tarumae-yama at 2010-02-09 23:18
マンタンさん、今晩は。
あらためてsakagさんのHPをみると本当に凄い人ですね。
とても真似が出来ません。
マンタンさんも岩登り等ではプロですよね。
私は傾斜のきついところで足がすくんで進めなくなります。
Commented by sakag at 2010-02-12 09:12 x
なぜかくしゃみが出ると思ったら、こんなところでうわさ話が・・・。
1839峰は私にも忘れられない山の一つです。
1日でコイカクから1839までピストンして、さらに下山・・・15時間、自分でもちょっと呆れています。
ヤオロで水を汲めることが解ったので、天候のいいときに、のんびり再訪してみたいという思いは、まだあります。
私も、頂上手前のキレットのようなところでは足が竦みました・・・ハイマツの枝に救われました。
Commented by tarumae-yama at 2010-02-12 10:42
sakagさん
コメントを有り難うございます。
スキーに登山にと家にいるのはPCに向かうときだけの活躍ぶりをいつも感心しています。
1839峰の頂上直下では私も足がすくんで立ち往生しました。
ピリカヌプリの頂上手前もそうだと聞いていますから、なかなか再挑戦の腰が上がりません。
名前
URL
削除用パスワード
<< オリンパス・ペン Lite E... 雛人形 >>