チュウリップの球根埋め込み作業

 道北の稚内や旭川で昨日初雪が観測されたそうだ。
 予報では、千歳は11月2日に降雪があるらしい。
 
 昨日は、花壇の土を掘り起こし、チュウリップの球根を埋めた。
 昨年まで、7月に亡くなった義父がやってくれていたのだが、スコップを使っての掘り起こしではたった20分で腰が痛くなった。
 89歳だった義父のその元気さを、今あらためて感じ入る。

 家内が、そんな父を想いながら遺していった帽子をかぶり球根の埋め込みをした。
 
f0138096_1115766.jpg


 
by tarumae-yama | 2009-10-31 11:17 | その他 | Comments(3)
Commented by maatota at 2009-11-01 00:27 x
チューリップの球根の埋め込み、お疲れ様でした。チューリップは花後に「球根あげ」の作業があるので大変ですよね。過去に数年続けましたが、小さな球根になり止めちゃいましたよ。大きな球根ですね。義父様のお手入れが良かったのでしょう。ちゃーんと後継して下さいね。
Commented by tarumae-yama at 2009-11-01 10:54
maatotaさん
雪が来る前に作業が終わり、ホッとしています。
球根が大きいのは、農業関係だった義父の技術のたまものですね。
来春の開花が楽しみです。
Commented by tarumae-yama at 2009-11-01 16:16
maatotaさん

クーです。こんにちは。
父は農業技術指導員だったので、私が小学生の頃はチューリップの
研究もしていて、紫色や花の先がギザギザのや二色マーブルの等、
珍しいのが花畑にあったので良く盗まれました。(笑)
毎年、師匠(父)の手ほどきを受けてきましたが、来春、咲かなかったらどーしましょう・・(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< 野鳥カメラマン プルーンジャム >>