10月4日、道の駅の富士山レドーム

 3日に泊まった韮崎の道の駅は、安曇野の「堀金の里」同様この2年半に何度か利用した馴染みの場所である。
 晴れていれば、南アルプスの山並みが間近に望めるロケーションが素晴らしい。

 兄弟会の会場がある伊豆高原に向かう途中、道の駅で何度か休憩した。
 富士吉田市の道の駅には、富士山測候所が使っていたレドームが設置されている。

 2003年7月、富士山の剣ヶ峯に立った時、丁度定時観測で外に出て来た職員と話をした。
 庁舎内を案内すると言われ、明日ご来光登山で仲間とまた来るのでその時にお願いしたいと辞退したのだが、翌朝は強風とガスで剣ヶ峯まで行くことは出来なかった。
 翌年10月に無人化されたから、富士山測候所の内部を見学するという得難いチャンスは永久に無くなり、つくづく残念に思う。

 道の駅に設置されてあるレドームを見るとそんな山頂でのやりとりが思い出される。
 
f0138096_11351911.jpg

富士吉田市の道の駅駐車場から富士山測候所が以前使っていたレドームを写す
 
f0138096_11353930.jpg

生活環境の厳しい石廊崎測候所も2003年10月に無人化された
 
f0138096_1136415.jpg

石廊崎岬から観光船を写す
by tarumae-yama | 2009-10-19 11:47 | | Comments(2)
Commented by maatota at 2009-10-19 23:18 x
富士山の剣ヶ峯、「庁舎内の案内」は、本当に残念でしたね。翌日、強風とガスに見舞われるとは・・・  石廊崎岬の写真、いいですね。観光船がオモシロスギ・・ ですね。
Commented by tarumae-yama at 2009-10-20 10:54
maatotaさん
富士山測候所の見学、心残りがします。
富士山下山後、翌日槍ヶ岳に向かったのですがこちらも悪天で途中から撤退でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 10月10日、甲斐駒ヶ岳続報 干し柿 >>