8月7日、礼文岳

 8月7日は早朝から礼文岳に登る予定であったが、ガスがかかっていたためレブンウスユキソウなど花の観賞に切り替え、登山を開始したのは10時前であった。
 実は、稚内に勤務していた8年前にKご夫妻が滞在先の札幌からバスではるばる宿舎まで訪ねてくれた折、家内と4名で礼文岳に登っている。
 Kご夫妻はそれ以来の礼文岳であったが、私は6年ぶりであった。
 Kさんは私より一回り上だからゆっくりペースだったもののそれでも2時間20分程で頂上に立った。
 私がKさんの年齢に達したときまだまだ登山を続けているか全く自信がないから、Kさんの若々しさには感服する。

 ともあれ、このペースが幸いし、頂上に近づいた頃からガスが切れ出し、海の先に利尻山が遠望できるようになった。
 途中すれ違った下山者は何も見えなかったと言っていたから、我々は幸運であった。
 頂上にいた小一時間の間にもドンドンガスが消え、澄海岬や久種湖、船泊の街が見えるようになった。

 「ゆうなぎ」で作ってもらったタラコ入りのおにぎりを美味しく頂いた後、8年前より眺望が良かったことに満足して帰路についた。
 
f0138096_1134921.jpg

           昼頃からガスが切れだし、頂上から利尻山が見えだした
 
f0138096_114678.jpg

                      利尻山をアップで
 
f0138096_114213.jpg

        頂上からの眺望を楽しむKさん達、本州からの登山者ばかりであった
 
f0138096_1143966.jpg

                  澄海岬や船泊の街なども見えだした
 
f0138096_1145947.jpg

                    澄海岬方向をアップで
 
f0138096_1151952.jpg

              利尻山を右手に見ながら下山中のKご夫妻
 
f0138096_1154068.jpg

                410mピークを下山中のKご夫妻
 
by tarumae-yama | 2009-08-12 11:15 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 礼文島観光 8月7日、花の浮島礼文島で見た花 >>