5月30日、前十勝岳その1

 今日は北広島市のHさんと風不死岳の予定だったが、胆振の予報が、曇り昼から雨、上川地方は、昼まで晴れと言うことで、昨日、前十勝岳に急遽変更となった。

 早朝5時に起床し、途中Hさんを乗せて十勝岳の登山口である吹上温泉に向かった。
 今日は、Hさんが残雪期最後のスキーをしたいということで、ファンスキーで前十勝岳の沢に残る雪渓を滑る事になったが、私はファンスキーは生まれて初めてで不安があった。
 しかし、板の長さが7,80cmと短いため思いの外曲がりやすく、案ずるよりも易しであった。
 滑っているうちにコツが分かり、何とも面白くも楽しいファンスキー初デビューとなった。

 明日にでも前十勝岳その2としてブログをアップして山行タイムなど記すつもりだが、今日は写真をメインにしたい。

 写真の上でクリックすると大きくなります。
 
f0138096_201376.jpg

  徒渉点のHさん、正面右側の一番高く見える山が前十勝岳、頂上下からの雪渓を滑った
 
f0138096_2015255.jpg

   雪渓の傾斜が急なのでアイゼンを付けジグを切りながら、初夏の陽気に大汗をかいた
 
f0138096_202107.jpg

            頂上直下から正面に残雪の縞模様が美しい富良野岳
 
f0138096_205680.jpg

        噴煙を上げる十勝岳の火口と美瑛岳、左手奥に表大雪の山並み
 
f0138096_2051916.jpg

            雪渓が切れた上の岩場で焼き肉の用意をするHさん
 
f0138096_2054050.jpg

               Hさんの華麗なファンスキーでの滑走
 
f0138096_2055716.jpg

                  帰路、富良野の畑から十勝連峰
 
 
by tarumae-yama | 2009-05-30 20:19 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2009-05-30 23:59 x
ファンスキーですか、初めて耳にします。「何とも面白く楽しい」のですね。冬の北海道もいろいろな遊びがあり羨ましいです。 二人で焼肉でしたか、荷物が大変だった分、最高に美味しかったでしょうね。
Commented by tarumae-yama at 2009-05-31 13:02
maatotaさん
ファンスキー、ショートスキーと言うことで雪質に随分左右されるらしいのですが、昨日の雪質は申し分無かったようです。
随分と汚れた雪ではありましたが・・・。 
短く軽い分、持って行くのに苦にはならないので残雪期の登山(の下山時)には有効な手段ですね。

はい、Hさんのおかげで豪勢な昼食になりました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 5月30日、前十勝岳その2 旅の最終回として、5月2日、秋... >>