5月2日、秋田駒ヶ岳

 予備日?の今日、思い立って秋田駒ヶ岳に登った。
 日本200名山の山だが、今回予定に入れていなかったので予備知識も地図もなく、GPSだけが頼りであった。
 昨夕、田沢湖高原スキー場の駐車場に到着すると、夕食を調理中の男性がいたので挨拶すると、秋田県立大曲工業高校の教師で、明日朝、山岳部の生徒を引率して秋田駒ヶ岳に登るとのこと。
 図々しく同行をお願いしたところ快く了解していただいた。

 そんな訳で、部員6名に引率の教師2名の後について6時過ぎ、今では経営そのものを止めたスキー場の斜面を登りだした。  
 夏期間なら、シャトルバスを利用し頂上に2時間もかからず立てるのだが、5月一杯ゲートが閉まっているから、8合目小屋までテクテク歩かねばならない。
 6名の部員は金曜日に競技大会があるとのことで、その予行演習と新人の教育を兼ね、テントや食料を担いでの縦走装備であった。

 途中まで大曲工業高のパーティーに付いていたが、駐車場に家内を待たせているため8合目からは単独行動をとらせてもらいペースを上げた。

 前日のものか、スノーシューやアイゼンのトレースがあったので、それに忠実に従い無人の頂上に立った。
 今日も霞んでいて眼下の田沢湖がぼやけている。
 周囲の山並みも、ベールを被っているようでいまいち印象が薄い。
 昼食を摂りながら15分ほど待っていたが、パーティーの姿がなかなか現れず下山することにした。

 山行記録
 スキー場駐車場06:12→夏道合流地点07:25~07:30→8合目小屋08:18~08:28→頂上09:25~09:40→8合目小屋10:05~10:15→夏道合流地点10:45~10:48→駐車場11:15(休憩を含め登りに3時間13分、下りに1時間35分)
 ** 大曲工業高校の2人の先生、遠藤さんと高橋さんには本当にお世話になり心より感謝したい。
 
 帰りに、家内の友人から勧められていた乳頭温泉の鶴の湯に入ってきたが、車と入浴客の凄い数に驚いた。
 随分と有名な温泉地であるらしいが、混雑ぶりを社員に聞いたところ、GWの期間中だけで、普段は秘湯だけに殆どが泊まり客だけらしい。

 いよいよ、明日の朝秋田港から帰途につくので、今日は秋田市内で旅の終了を祝って家内とささやかに祝宴を上げた。
 
f0138096_1975878.jpg

               6時過ぎ、大曲工業高校パーティーのスタート
 
f0138096_1983583.jpg

          競技会に向けての打ち合わせ(会場はこの秋田駒ヶ岳だそうだ)
 
f0138096_1992145.jpg

    8合目に到着寸前の先行2,3年生3名、8合目小屋の三角形が判るだろうか?
 
f0138096_19101363.jpg

                     頂上の証拠写真
 
f0138096_19161882.jpg

                下山し帰路につく途中から秋田駒ヶ岳を写す
 
f0138096_1910506.jpg

                   田沢湖と奥に秋田駒ヶ岳
 
f0138096_19113049.jpg

              下山後乳頭温泉に向かう途中で見たミズバショウ
 
f0138096_191229100.jpg

                  同じ場所近くで、花の名は不明
 
by tarumae-yama | 2009-05-02 19:24 | 登山 | Comments(2)
Commented by kamaka_ryu at 2009-05-04 08:52 x
お久しぶりでした。ご無事で・・・・小屋見えますよ・・・(懐かしい!)。
花はキクザキイチリンソウ・・・花の百名山の残雪季も良いですね。

じっくり、拝見させて頂きました。ありがとう御座います!
Commented by tarumae-yama at 2009-05-04 10:09
kamaka-ryuさん
お早うございます。
花の名、教えて頂き有り難うございます。
おかげさまで天気に恵まれ、観光と温泉を楽しんできました。
秋田駒ヶ岳は、嬉しいご褒美となりました。
私達は元気に戻りましたが、ブログを拝見し驚きました。
大変な怪我をされたのですね。スプレーの暴発も怖いですね。
向きを間違え眼に入れた人の話を聞いたことがありますが、顔にかからず不幸中の幸いでした。
骨折が一日も早くご快復されることをお祈りしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 5月3日、帰宅 5月1日、稲庭城 >>