3月5日、漁岳

 体重が増え気味のせいもあり、減量とトレーニングのため少々本格的な山である漁岳に登ってきた。
 下山のコースは先日登ったオコタンペ山を経由して登山口に戻る考えであったが、何と買ったばかりのATLASのスノーシューが登山中に壊れてしまった。

 そんな訳で、漁岳のピストンとなった。
 晴れる予報だったのに、途中から小雪がちらつくあいにくの天気、どこまでもついていない。

 登山口から登りに3時間8分(休憩を含む)、下りはノンストップで1時間46分、GPSによると往復12.7km歩いたことになる。

 オコタンペ湖への分岐ゲート前に3台の車が止まっていて丁度登山の準備をしているパーティーを目にしたが、オコタンペ山か恵庭岳に向かったらしく、結局誰にも会わない静かな山であった。

 そんなこともあるだろうと、デジタルオーディオを持参し、演歌やフォークソング、クラシックなど雑多に録音した音楽を聴きながら黙々と歩いた。

 今回、まだまだ雪が締まっていなくてスノーシューでも埋まったから山スキーの方が良かったかも知れない。
 アイゼンを使うことなくスノーシューで頂上に立ったが、頂上直下の数十メートルはかなり緊張を強いられた。
 今回で8度目の漁岳だが、なかなか侮れない山だと思う。
 
 そう言えば、3年前の4月にこの山の頂上直下でスリップし、担いでいたスキーを沢まで流した苦い思い出がある。

 同じような写真ばかりだが、クリックすると大きくなります。
 
f0138096_1659297.jpg

                      正面が漁岳頂上
 
f0138096_16593794.jpg

                    恵庭岳と右に支笏湖
 
f0138096_1711193.jpg

                  正面に恵庭岳、その右に風不死岳
 
f0138096_1713611.jpg

 
f0138096_1721379.jpg

              支笏湖の手前に氷と雪に覆われたオコタンペ湖
 
f0138096_1723459.jpg

                 晴れてきた下山時に、白く輝く漁岳
 
f0138096_173172.jpg

    頂上から、遠くに余市岳や無意根山、羊蹄山は裾の部分だけかすかに望めた
 
f0138096_1732848.jpg

             GPSの軌跡、写真の上でクリックすると鮮明になります
by tarumae-yama | 2009-03-05 17:29 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2009-03-06 00:07 x
まぁ、大事件発生!!「買ったばかりのATLASのスノーシューが登山中に壊れた」って、ショックだったでしょう・・ tarumae-yamaさんの運動量ってスゴイと思っているのですが、体重は増え気味なのですか・・ いかに奥ちゃまのマカナイが良いかってことでしょうか・・
Commented by tarumae-yama at 2009-03-06 07:25
すぐ壊れるなんてがっかりですが、その後の顛末記はブログで・・・。
これもそのうちブログで紹介しますが、家内がパンを作り出し、夜中に試食しています。その間食が原因かと。
名前
URL
削除用パスワード
<< エゾリス 歩くスキー >>