2月26日、オコタンペ山

 円高の恩恵を受けようと友人を通してアメリカに注文していたスノーシューが昨日届いた。
 今使っているものと違いいかにも登坂タイプである。

 来月、Wさんとオコタンペ山に登る計画があり、下見を兼ねて早速新しいスノーシューの履き心地を試しに登ってきた。

 10時5分、恵庭岳の麓の林道をスタートしたが、2日前の多峰古峰山と同じくらい沈む。
 誰もいないと思っていたのだが、幸運にも単独先行者のスノーシューの新しい跡があった。
 考えていたコースと違うけれど、有り難くトレースを使わせてもらい後に従った。

 ひょっとしたら同じ市内に住むたかさんの足跡かと言う思いを持ったが、1時間ほどして追いついた先行者にトレースのお礼を言って顔を見れば、何と苫小牧のN君であった。

 同じHYMLの会員で、昨年3月8日に多峰古峰山に一緒に登った。
 それ以来の再会であった。
 1,2度ラッセル役を担ったが、息子と同じ年だと言う若いN君にその後も頂上まで先行してもらった。

 時々雪が舞うあいにくの天気であったが、休憩を含め2時間3分で頂上に立った。
 30分ほどの昼食後ノンストップで下山し、帰りは55分でスタート地点に。
 N君は徒歩15分くらいの所に駐車しているとのことでそこまで送り、帰路についた。

 一人黙々と登る予定だったが、途中からN君と一緒になった上に登坂用のスノーシューの使い勝手は今までより随分と良いことが分かり、天気はパッとしなかったものの満足の山であった。
 
f0138096_16355537.jpg

             880mピーク下の急斜面をトラバース中のN君
 
f0138096_16363534.jpg

                 N君と正面にオコタンペ山頂上部
 
f0138096_1637545.jpg

                 雪の止み間に何とか恵庭岳が見えた
 
f0138096_1637371.jpg

                 降雪の中、頂上から見る雪に覆われたオコタンペ湖
 
f0138096_1638458.jpg

                 頂上直下の急斜面を下りるN君
 
f0138096_16383680.jpg

                 880mピークのきつい斜面を下りるN君
 
f0138096_1639148.jpg

                 GPSの軌跡、 写真の上でクリックすると鮮明になります
 
by tarumae-yama | 2009-02-26 16:47 | 登山 | Comments(4)
Commented by maatota at 2009-02-27 00:08 x
偶然にNさんと再会、今日は超ラッキーでしたね。またまた青空には恵まれなかったようですが・・ こちらも五木(熊本と宮崎の県境)の山には福寿草が待っているのですが、雨ばかりで出かけられずにいるところです。
Commented by tarumae-yama at 2009-02-27 20:47
この冬はなかなか良い天気に恵まれません。
晴れという気象庁の予報に裏切られっぱなしです。
N君もあまり天気に恵まれていないとのことでした。
九州もぱっとしない日が多いようですね。
Commented by マッキー at 2009-02-27 22:30 x
MS090は自分でも書くのが面倒なので、今後マッキーでコメします。

昨日は私もトレーニングのつもりでしたが、ご一緒出来たお陰で登りも下りも楽しかったです。
どこかスノーシューで登る予定があれば、気軽に誘ってください。

ここでアップされている最後の2枚の写真を保存させて貰っても良いでしょうか?私のブログで使いたいと思ってます。
Commented by tarumae-yama at 2009-02-27 22:41
マッキーさん、今晩は。
2日前の多峰古峰山の疲れがピークで、足が重いうえにスノーシューが膝くらいまで沈み気の滅入る山でしたが、トレースのおかげで頂上に立つことが出来ました。
また、どこか一緒に登れたらよいですね。
写真は2枚と言わず好きなだけ使って下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< 新旧のスノーシュー 「花茶」 >>