2月19日、多峰古峰(たっぷこっぷ)山

 昨日、千歳の最低気温が-20.1度とこの冬初めて-20度以下を記録した。
 今朝も7時の気温が-20.6度と良く冷え込んだ。
 
 来週知人のWさんと多峰古峰山に登る予定なので今日下見に登ってきた。
 気象庁のHPで、気温が10時に-5.3度まで急上昇するのを確認してから自宅を出た。
 皮下脂肪の厚さに自信はあっても、軟弱だから-10度以下ではきつすぎる。

 11時にスノーシューを履いてスタート、1時間20分で無人の頂上に立った。
 頂上直下のカリカリの急斜面でスリップしたが、加速がつく前に枝に捕まり事なきを得た。
 
 頂上からは、雪雲が恵庭岳周辺の山を隠していて期待したほどの眺望はなかった。
 支笏湖ブルーの鮮やかな青さも全くの期待はずれであった。
 
 寒風がむき出しの頬に痛く、写真を数枚撮ってすぐ下山。
 下りはわずか30分であった。
 
f0138096_15113041.jpg

             ピンクテープだけの多峰古峰山頂上、正面に樽前山
 
f0138096_1512715.jpg

                  頂上から先は雪庇が出来ている
 
f0138096_15125072.jpg

                  頂上から風不死岳(左)と樽前山
 
f0138096_1513630.jpg

            中腹の尾根から支笏湖、対岸に恵庭岳の裾野部分だけ
 
f0138096_15132653.jpg

 GPSの軌跡、夏道のない山だから好きなように歩ける。写真の上でクリックすると鮮明になります
by tarumae-yama | 2009-02-19 15:24 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2009-02-20 00:03 x
積雪山で、道なき道を行く時には「GPS」の効果大ですね。軌跡が判りますね。 最近、お天気の変化が大きいですよね。明日、こちらは10度程の高温になるとか。そちらは、かなりの強風とか。キャシャな奥様が吹き飛ばされませんように!
Commented by tarumae-yama at 2009-02-20 10:39
風雪が強まってきました。明日は暴風雪とか、春への生みの苦しみでしょうか。3月が待ち遠しいです。
GPSがあると吹雪かれたときも安心して引き返せます。それが最大のメリットです。
昨日の山も、下山時風で踏み跡が消されていて、(GPSを見ないで)すたすた歩いていると隣の沢を下りそうになりました。
名前
URL
削除用パスワード
<< クローズアップ現代 ソフトテニス >>