2月4日、山スキーで樽前山

 明日は市民病院で8週毎の定期検診だというのに、年末年始を喰っちゃ寝喰っちゃ寝状態で過ごしたため2kgも太った。
 些か付け焼き刃だが、ダイエットのため樽前山まで出かけてきた。
 
 この冬、初めて山スキーを履いて9時25分にゲート前をスタート。
 同じ場所に先行者の車が1台止まっていた。
 何と、先週白老岳に行こうと声をかけてくれた隣町のKさんの車であった。

 11時5分山小屋に到着、遠く稜線を歩くKさんの姿が小屋から認められた。
 小屋前で早めの昼食を摂っていると、若者5人パーティーがスキーで下りてきた。
 聞くと、北大の山岳部のパーティーとのこと、リーダーのT君は3年生、1年生が3名、その1人は遠く四国は徳島出身とのこと。さわやかな若者達であった。
 シシャモナイコースから登って来たと言っていたが、ゲートからスタート地点まで車の回収が大変そうだ。

 小屋から10分も進むと、斜面がかりかり状態でスリップし出したので、スキーアイゼンを付けた。さすがに効果抜群でぐいぐい登ることが出来る。
 ところが、標高850m付近まで来ると氷化していて、バランスを崩すと一気に300mはスリップして止まりそうにない。
 重傷もあるから、もう少し下の平坦地でアイゼンとピッケルに切り替えるべきと後悔。
 ここから上には交換する安全な場所もないので、無理をせず引き返すことにした。

 スキーアイゼンを付けたままの下りは何とも歩きにくい。
 バランスを崩さぬよう一歩一歩効きを確かめながらだと、すぐ太ももが悲鳴を上げる。
 やっと斜面を回り込んで、山小屋が見えるところまで来てスキーアイゼンとシールを外した。
 暫くトラバース気味に高度を下げ、私のレベルで滑ることの出来る斜度から滑走を始めた。
 僅か3分で小屋に到着したが、かりかり斜面で緊張しながらも初めてのスキーを楽しめた。

 結局、Kさんにお会いすることのないまま13時45分ゲート前に到着した。
 
f0138096_17172778.jpg

       山小屋前で話をした北大山岳部のパーティー 手前がリーダーのT君
 
f0138096_17183488.jpg

                   正面に風不死岳、右に支笏湖
 
f0138096_17193097.jpg

              カリカリガタガタの斜面、私の腕前では滑れそうにない
 
f0138096_1722036.jpg

    向かって右のラインが登りで左が下りのGPS軌跡、標高890m辺りで引き返した
 
f0138096_17234137.jpg

 カシバードでも表示、下が登りで上が下りの軌跡、く中央付近の小さく丸まったところでスキーアイゼンとシールを外し、暫くトラバースして高度を下げ、それから下のシュプール?が分かるだろうか?
 
 
by tarumae-yama | 2009-02-04 17:34 | 登山 | Comments(5)
Commented by ayaG at 2009-02-05 19:23 x
ゲートから小屋まで2時間20分なんて、早すぎです。
私なら確実に3時間はかかりますね。
晴れていて良かったですねー!


Commented by tarumae-yama at 2009-02-05 22:54
ayaGさん 今晩は。
ゲートから5合目まで50分、ここから休憩なしで小屋までもう50分でした。
小屋まで無風青空でしたが、稜線に出ると雪が舞い上がる強風で、氷化した斜面もあって恐怖を感じて引き返しました。
同じ日、近くのホロホロ山に登った千歳のたかさんも吹雪で引き返したそうですから暖冬とはいえ山の気象は厳しいですね。
Commented by ayaG at 2009-02-06 20:39 x
ありゃりゃ、これは失礼いたしました。
小屋まで100分、1時間40分ですね。

当方、認知計算機能が崩壊していますな。
自覚症状がないからチト厄介です。
こんなあんばいなら時計やコンパスを持って行っても
見間違いしたら世話ないですね。
ayaGなんて気取ってないで、正確にaya爺にすべきですね。

From: ayaGことaya爺
Commented by Tです。 at 2009-02-09 15:28 x
遊びに来ました。車の回収は運良くヒッチがつかまり、40分ほどで車が回収できました。いただいたコーヒーはほんとにおいしかったです。ありがとうございました。
Commented by tarumae-yama at 2009-02-09 17:03
インスタントコーヒーなのに、皆さん喜んで飲んでくれて嬉しかったです。
駐車地点まで乗せてくれるドライバーがいて良かったですね。
写真をご希望なら私宛にメールを下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< ADSLからBフレッツヘ Bフレッツへ移行 >>