登山靴の補修

 年末にキャラバン社にソールの張替等をお願いしていた登山靴が2足とも昨日戻ってきた。
 ソールとランドテープを交換し、一足は内張の破れを補修してもらった。
 金具に不具合のあるものは無償で交換してくれたようで、その部分は赤シールが張られて一目瞭然という親切さであった。

 春から3足揃ったGK-47を交替で大事に使おうと思う。
 
f0138096_10361564.jpg

               ヴィブラム製の新しいソールになって戻ってきた
 
f0138096_10372059.jpg

                    砂利を敷いて整地作業  
 
f0138096_10381188.jpg

                 小雪がちらつく中、舗装工事が始まりそう
 
 
by tarumae-yama | 2009-01-22 10:44 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2009-01-22 23:31 x
靴の修理は早かったですね。そういえば、キャラバン社と直接交渉されたのでしたね。そんなことも可能なのですか。私たちは、購入店に依頼しています。直接の方が安いのでしょうか。
Commented by tarumae-yama at 2009-01-22 23:54
maatotaさん
キャラバン社にはリペア部門があることをHPで知り、内張の修理をするか廃棄するか、メールに写真を添付して見積もりを取った上で依頼しました。
ソールの張替代は購入店と全く変わらないと思います。むしろ、依頼時の送料は私が負担した(出来上がり時は会社が負担)ので、その分割高になるかも知れません。
何よりも、メーカー直轄の修理部門という安心感が一番でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< リコーの液晶ビューファインダー... 花畑牧場の生キャラメル >>