「ほっ」と。キャンペーン

多峰古峰山と南多峰古峰山、2017.2.19―多峰古峰山編―

天気予報が山行には微妙だし、10m/sの強風予想も条件としては一寸厳しく、白老岳に転進もありだった。
その白老岳も、現地に行ってみて登るのが難しいようなら大滝のニョロニョロの観光に切り替えようかと。

ところが、朝から快晴で、支笏湖までやって来ても周辺の山は青空をバックにスカイラインがクッキリだった。
それで予定通り多峰古峰山にしたのだが、恵庭岳の後ろには雪雲がチラリと顔をのぞかせているのが不安だった。

しかし、林道ゲート前をスタートして多峰古峰山の頂上まではずっと青空が頑張ってくれ、この山が初というi-tomoさん、TOMさん、なおさんには頂上からの素晴らしい眺望に感激した様子。
そして、意外と登り易く短時間で頂上に立てることにも驚きの様子だった。

途中、樽前山ゲート前に6台停まっていたが、多峰古峰山は我々以外にソロの女性と苫小牧からの5名パーティが全てだった。
ソロの女性は我々が稜線に出た直後、早々と下りてきたが、何とヤマップのさむしんさんだった。

彼女とは昨年11月、イチャンコッペ山の頂上で私のブログの読者だと挨拶され、その後、今年の1月、白老岳下山後、TOMさんと立ち寄った七条大滝でも会っている。
会わない人には何年も会わないのに、こんな短期間に3度も会うなんて出会いの不思議を感じる。

ところで、今回もつぼ足で登ろうと思えば登れたけれど、我々は出だしからワカンとスノースシューを履いた。

山行記録
林道ゲート前09:40→多峰古峰山頂上11:13

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21401544.jpg
スタート前に記念写真。M夫人だけワカンを使用
f0138096_21404517.jpg
恵庭岳や漁岳などがクッキリ
f0138096_21411518.jpg
正面に目指す多峰古峰山
f0138096_21414612.jpg
森林帯を進む
f0138096_21421606.jpg
稜線に出た直後、早々と下山してきたソロの女性はヤマップのさむしんさん(左から3人目)だった
f0138096_21424708.jpg
ビューポイントから支笏湖を眺めるi-tomoさんとM夫人
f0138096_21431753.jpg
多峰古峰山の最後の登りにかかる一行
f0138096_21434738.jpg
苫小牧からの5名パーティとスライド。この後、我々だけの多峰古峰山だった
f0138096_21441571.jpg
多峰古峰山の頂上で記念撮影
f0138096_21444664.jpg
頂上から見通しの良い場所まで移動。正面に樽前山
f0138096_21453082.jpg
左端に支笏湖。正面に風不死岳、その右に樽前山
f0138096_21461523.jpg
頂上から支笏湖と奥に恵庭岳、右端近くに紋別岳も見える
f0138096_21470563.jpg
正面に恵庭岳
f0138096_21473551.jpg
南多峰古峰山に向かうため傾斜の緩い東尾根を下る同行者
f0138096_21480678.jpg
雪庇を崩そうとしているMさん


# by tarumae-yama | 2017-02-20 08:03 | 登山 | Comments(2)

多峰古峰山と南多峰古峰山、2017.2.19―速報版―

ブログを相互リンクしている山友さんから案内して欲しいと言われて計画した多峰古峰山。
だが、主役の山友は風邪のため前日に不参加と連絡してきた。
何とも残念だったけれど、それでも6名のパーティで賑やかに楽しんだ多峰古峰山だった。
トレースがあって順調に頂上に立てたため、隣の南多峰古峰山にも登ってきた。

とりあえず、多峰古峰山頂上でのボルトポーズの写真を2枚アップ。
Jさんにしっかり届いてくれたならとても嬉しい。
f0138096_17511091.jpg
支笏湖をバックに。左からTOMさん、i-tomoさん、M夫妻、なおさん
f0138096_17514574.jpg
樽前山をバックに

# by tarumae-yama | 2017-02-19 17:58 | 登山 | Comments(4)

読んで見た

2日も家に独りで過ごすと失語症になりそうだ。
まあ、これは一寸オーバーだが。
かといって、外が風雪模様なら山には行けない。
行けなくはないけれど、還って来られる自信がない。
先日も庭のような紋別岳で、一寸ガスっぽかった程度なのにルートを誤るくらい折り紙付きの方向音痴だから。

そんな天気の悪いときはせっせと読書にいそしむ。
最近は写真の4冊を読了した。

山友のTOMさんが自身のブログで紹介していた「九月が永遠に続けば」は、彼も言っているように暗くて重い内容で、何度も投げ出したくなった。
「痺れる」は同じ沼田まほかるの作品だが、こちらは形容詞を多用することもなく意外なほど読みやすかったけれど、やはり内容が暗くて気が滅入る。
たった2冊だが、もうこの作家の本を手に取ることはないだろうと思う。

その点、重松清は好きな作家になった。
「また次の春へ」は、6年前の東日本大震災がバックグラウンドになっている悲しくも切ない話だが、それでも読んで良かったと思えた。
「なぎさの媚薬」は、「愛妻日記」同様性描写満載で、重松清は人情話を得意とする作家と思っているけれど、どうやら官能小説家でもあるらしい。

恩田陸の「夜のピクニック」は、やはりTOMさんが紹介していたので図書館に予約を入れていた。
私には重松清にどこか表現方法が似ていると思った。
青春時代の甘酸っぱさを思い出させるような話で愉しめた。
まあ、涙腺の緩む場面はあったけれど、TOMさん同様泣けるほどでもなかった。

蛇足だが、作者の恩田陸は今年直木賞を受賞したから、対象作品の「蜜蜂と遠雷」を早速図書館に予約した。
f0138096_09582137.jpg



# by tarumae-yama | 2017-02-19 07:03 | その他 | Comments(0)

紋別岳から748mピークピストン、2017.2.14―同行者からの写真-

先日、紋別岳から748mピークまで歩いた時に一緒したKさんから写真が送られて来た。
まだM夫妻からは送られて来ていないのだが、とりあえずKさんの分だけでもアップしようと思う。(そう言えば、Mさんにまだ写真を送っていないことに今気がついた(^^;))
f0138096_23033054.jpg
紋別岳の頂上直下
f0138096_23040071.jpg
同上?
f0138096_23065374.jpg
雪庇から滑り降りる
f0138096_23063244.jpg
f0138096_23063362.jpg
奥に紋別岳
f0138096_23063546.jpg
支笏湖と奥にうっすらと樽前山
f0138096_23063606.jpg
748mピークにて
f0138096_23063720.jpg
Oさん
f0138096_23063866.jpg


追加
f0138096_16362192.jpg
f0138096_16370785.jpg
f0138096_16382707.jpg
f0138096_16384345.jpg
f0138096_16390060.jpg
頂上直下でヤマップのパーティと合流
f0138096_16402434.jpg
左端に目的の748mピーク。上の7枚はMさん撮影

# by tarumae-yama | 2017-02-18 07:56 | 登山 | Comments(0)

1周忌

2月16日は妻の1周忌だった。
臨終の8時40分に仏壇の前に座り、1年前の入院時、妻になおざりな介護だったことを詫びた。

それから長靴とスコップを持って霊園へ。
雪に半分埋まった墓を掘り出し、今度は倖せだった40年の結婚生活を妻に感謝した。

それにしても、まだ数年は孫の来訪を喜んだり、日帰りの温泉を楽しんだりというささやかな幸せが続くものと思っていた。
それが独りになり、悔しくて哀しくて切なくて・・・・。

それでも、涙を流すことはさすがに減ってきたように思う(墓ではたっぷり涙したけれど)。

まだ四十九日も終わらない2月下旬に、漁岳に登ろうと声をかけてくれたN君を始め、幾人もの山友が家で落ち込んでいる暇を与えないかのように山に誘っていただいた。
これがどれほど有り難かったことか。

もちろん、妻の友人や私の幼友達なども何時も気遣ってくれた。
そんな人達のためにも、前を向いてと思う。

だが、妻もこの1年でピアノの腕を上げただろうから、ショパンのノクターンを聴いてみたいとも思う。
f0138096_15340437.jpg
先日山を一緒したM夫妻から妻へとプリザードフラワーが
f0138096_15343577.jpg
親友夫妻や幼友達がお参りに来てくれた。2月16日
f0138096_15402446.jpg
一周忌を前に「あいたい」のCDを購入。今毎日聴いている


# by tarumae-yama | 2017-02-17 13:06 | 日々の出来事 | Comments(0)

フラワーアレンジメント

昨日、私達夫婦が敬愛する大阪のKご夫妻から、仏前にお供えして欲しいとお菓子などが手紙と一緒に届いた。
そこには、登山をご一緒した時やご自宅に泊めていただいた時、チェコの世界遺産を案内していただいた時など妻が写っている写真を飾っていると書かれていた。
夜、お礼の電話をかけたのだが、途中で涙がこぼれ声も詰まって困惑。

今日は、群馬県妙義山の麓に住むSさんから、思いがけずフラワーアレンジメントが届いた。
古くからの熱心な読者なら記憶していると思うけれど、Sさんが6年前富良野岳で足を負傷したとき、
たまたまその場にいた私達夫婦が警察とやりとりするために携帯電話を(電池の消耗を心配する)ガイドに貸したことがあった。

その2年後、ニセコアンヌプリを登っている時にSさんにスライドするという驚きの再会があった。



ただそれだけのことなのに、富良野岳で妻を好ましく思ったらしいSさんのお気持ちがとても嬉しい。
f0138096_11093727.jpg
Sさんから送られて来たフラワーアレンジメント。2月15日撮影

# by tarumae-yama | 2017-02-15 11:33 | 日々の出来事 | Comments(2)

紋別岳から748mピークピストン、2017.2.14

初参加のヤマレコユーザーでクリスチャンのHさんと友人のOさんを迎え、何時ものM夫妻と1月21日の伊達紋別岳以来となるKさんの6名で紋別岳と748mピークに登ってきた。

当初はオコタンペ山だったのだが、天気がパッとせず、青空が出ているという白老岳への転進を決めた。
そうは決めたものの、結局、二転三転してタイトルの山に落ち着いた。

つかの間の止み間があったけれど、行動中ずっと降雪に見舞われた。
だが、案外風が弱くてその分暖かく感じた。

天気と眺望には恵まれなかったけれど、同行者の話しに大笑いしながらそれなりに楽しんだ。
とは言うものの、来週こそ晴天のオコタンペ山を期待したいものだ。
f0138096_21420629.jpg
駐車場にて、左からKさん、M夫人、Oさん、Hさん、Mさん
f0138096_21421512.jpg
駐車場から保全道路を使わず、いきなり尾根に取り付いた
f0138096_21422630.jpg
頂上は目前だが、雪とガスで真っ白
f0138096_21423657.jpg
頂上にて。スタート時の駐車場で挨拶をした左からさくらさん、まっちゃんさん、miyaさんのヤマップのパーティ。miyaさんは、私がブログで紹介したNorth Eagleのスノーシュー

を購入し、その感想をヤマップにアップしていたから、名前は記憶していた
f0138096_21435753.jpg

私も入って。まっちゃんさんに撮ってもらう
f0138096_21440872.jpg
ヤマップのパーティと別れ、748mピークに向かう
f0138096_21441910.jpg
太陽が見えたけれど、降雪のため支笏湖も見えず
f0138096_21443366.jpg
正面に748mピーク
f0138096_21444287.jpg
頂上は目前
f0138096_21445164.jpg
748mピークに到着。バックに紋別岳の頂上
f0138096_21450083.jpg
辛うじて支笏湖と奥に樽前山が中腹まで見える
f0138096_21450908.jpg
748mピークで同行者のボルトポーズ
f0138096_21464047.jpg
GPSの軌跡。紋別岳から748mピークへは視界が悪くて途中から大きく迷走してしまった(^^;)。左下に延びる直線は余計

miyaさんのヤマップの報告
Hさんのヤマレコは下をクリック



# by tarumae-yama | 2017-02-15 08:23 | 登山 | Comments(8)

瀞台と長官山、2017.2.12

この日、M夫妻と風不死岳に登る予定だった。
ところが、登山口近くの駐車帯で合流したとき小雪がちらついていて、短時間での晴天は期待出来そうもない。
協議の結果、長沼町にある瀞台と長官山に登ることとなった。
M夫妻には未踏の山で、以前から希望されていたから丁度良かったかも。

それにしても冬型の気圧配置の時は、等圧線の走行によって雪雲の進入する所が変わるため、実施の判断に苦しむ。
M夫妻の話だと、途中白老岳の上空は青空が出ていたらしい。

ともあれ、風不死岳の登山口から1時間かけて長沼町にやって来た。
まあ、瀞台も長官山も低山だから、とても登山とは言えず、ハイキングに近いかも知れない。
どちらも踏み跡がしっかりしていて、M夫人はチェーンアイゼンを装着したけれど、Mさんと私はつぼ足だった。

山行記録
瀞台の登山口09:05→頂上10:14~10:18→瀞台の登山口10:55
長官山の登山口11:08→頂上11:41~11:47→長官山の登山口12:12

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_11230892.jpg
トレースはしっかりついていた
f0138096_11232043.jpg
Mさんの登山靴はHANWAG製。以前私が履いていたのだが、格安で譲った(押しつけたとも言う(^^;))
f0138096_11233042.jpg
f0138096_11234606.jpg
瀞台頂上のM夫妻
f0138096_11235687.jpg
長官山にも登った後、長沼町の「クレス」でランチバイキングの予定があるので、そそくさと下山開始
f0138096_11240677.jpg
とりあえず、瀞台から下山
f0138096_11241766.jpg
長官山は短時間で登れる山なので、飲み物だけ持って空身でスタート
f0138096_11242452.jpg
瀞台でもお会いした登山者が下山してきた
f0138096_11243842.jpg
長官山頂上に到着
f0138096_11282910.jpg
さっき登っていた瀞台方面
f0138096_11284412.jpg
長沼町の市街
f0138096_11285289.jpg
長官山でJさんに願いを込めてボルトポーズ。低山だが江別にはかなり近いのでしっかりと届いたと思う
f0138096_11290369.jpg
頂上ですれ違った登山者を入れて
f0138096_11291384.jpg
無事下山。長官山でクマゲラを見るという幸運があった
f0138096_17035183.jpg
クマゲラ
f0138096_17040710.jpg
クマゲラの食痕。上の2枚は長官山にて
f0138096_17044910.jpg
瀞台にて。上の3枚はMさんの撮影

# by tarumae-yama | 2017-02-14 05:58 | 登山 | Comments(4)

明日はバレンタインデー

支笏湖のライブカメラを見たら、湖畔の雪面に大きなハートマークが写っていた。
実は前日の日曜日にすでにあったのだが、今日の方が光線の関係か鮮明に見える。
青空だったらもっと素敵と思うのだが。

勝手な想像ながら、幸せそうなカップルの姿が目に浮かぶ。
f0138096_12372746.jpg
2月13日12時のライブカメラの画像を借用した

# by tarumae-yama | 2017-02-13 12:40 | 日々の出来事 | Comments(0)

Hさんからの写真

先日、Hさんと「ザ バード ウォッチング カフェ」に行ったことを記事にした。
その時に撮影した野鳥の写真をHさんが送ってくれた。
枚数が多かったので、私の記事に写真を追加すると言う形ではなく、一つの記事としてアップした。

まあこれは、毎日の記事にアップアップしている私の都合でもある(^^;)
f0138096_19000089.jpg
ヒヨドリ
f0138096_19003517.jpg
アトリ
f0138096_19005042.jpg
ヤマガラ
f0138096_19010285.jpg
シジュウカラ
f0138096_19012313.jpg
シマエナガ
f0138096_19013361.jpg
ゴジュウカラ
f0138096_19014206.jpg
シジュウカラ
f0138096_19015421.jpg
奥にアカゲラ
f0138096_19021189.jpg
最後のシメはシメ

# by tarumae-yama | 2017-02-13 07:48 | Comments(0)